2017年10月 5日 (木)

ゆめこばこ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

春に搾ったお酒を

          ひと夏熟成させた

癒し系 ひやおろし 入荷!

熟成した旨味とやわらかさが美味!


今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

店主 飲んで 癒された! happy02

米の旨みが 

じんわり と やさしく 

貴方を包みます!! lovely

Dscn4409


蓬莱泉 (ほうらいせん)  

特別純米酒 ひやおろし 

 「  夢筺  」 (  ゆめこばこ )

Dscn4405


【蔵元コメント】--------------------------------

後味の軽い

スッキリとした旨味のあるお酒です。

お酒は吟醸工房近くの

貯酒トンネルの中で熟成させます。

トンネル内の気温は年間を通して15度前後

自然の冷気の中ではぐくまれた

味わいをお楽しみください。

冷やして、軽い味の肴と一緒にどうぞ

--------------------------------------------

Dscn4406

Dscn4407

数量限定 売切れ御免!

皆様のご来店

お待ちいたしております。

-----------------------------------------------

■ 蓬莱泉 特別純米酒 ひやおろし

  「  夢筺  」 (  ゆめこばこ )

                   [愛知県・関谷醸造]

Dscn4410_2


     1升瓶 ・・ 2,851円(税込)

     4合瓶 ・・ 1,426円(税込)

【酒質データ】

原料米: 麹米に奥三河産酒米「夢山水」使用

精米歩合: 55%

アルコール度数: 15〜16%

Dscn4408


2017年4月 1日 (土)

蓬莱泉 生熟 和

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

年に 3回 だけ

注文した本数のみ 

瓶詰される 受注生産酒!

優しい口あたりと広がりのあるうま味に

めろめろ・・・・

今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

Dscn3947


世界に広げよう!

蓬莱泉 (ほうらいせん)の

和 ! (わ!)

Wa

蓬莱泉ファン

垂涎の的!

蓬莱泉 純米吟醸酒

熟成生酒 「 和 」 (わ)

Dscn3944

店主 飲んで驚いた happy02

艶やかで華やかな香味とまろやかさ!! lovely

【蔵元コメント】--------------------------------

 

まろやかな甘みとやわらかな口当たりのお酒です。

生のままで1年間熟成させた希少性のあるお酒です。

熟成の味わいをお楽しみ下さい。

 

ぜひ冷酒でお召し上がりください。

常温より少し冷えた程度の温度帯が

お酒のふくよかさを引き出します。

--------------------------------------------

Houraisen022

皆様のご来店

お待ちいたしております。

-----------------------------------------------

■ 蓬莱泉 純米吟醸酒 

      熟成生酒  「 和 」 (わ)

                      [愛知県・関谷醸造]

Dscn3944_2


     1升瓶 ・・ 3,456円(税込)

     4合瓶 ・・ 1,728円(税込)

【酒質データ】

原料米: 麹=酒造好適米  掛=一般米

精米歩合: 50%

アルコール度数: 16〜17%

Dscn3945


Dscn3946

【蔵元コメント】

米の甘味と旨味が口いっぱいに広がり、

それを酸味がさらりと消していく、

甘味とキレを両立したお酒です。

どんな酒肴とも相性がいいので、

家呑みでちょっと贅沢をしたいときには

おすすめです。

冷や、ぬる燗どちらでもおいしく楽しめます。

トマトサラダと合わせると絶品。

 

【関谷醸造】

https://www.houraisen.co.jp/ja/

----------------------------

関谷醸造株式会社

七代目蔵元 関谷 健

----------------------------

-伝統の技に新しい技術を加えた酒造り-

関谷醸造が考える「酒造り」に必要なものが

3つあります。

ひとつめは「設計図をきちんと作ること」、

ふたつめは「丁寧かつ正確な作業を行うこと」、

みっつめは「蔵人のチームワーク」です。

「設計図」というと工業製品を

イメージするかも知れませんが、

酒造りにもやはり設計図が必要です。

どんなお客様に、どんなシチュエーションで

飲んでもらうのか?

どんな味わいにするのか?といった事から始まり、

その味わいやコンセプトを表現するために

どんな米をどこまで削るか決め、酵母や麹を選び、

発酵のさ せ方を考え、熟成の程度を決めていくこと、

それが酒造りの設計図です。

きちんとした設計図のないまま、

酒の仕込みをしたところで

それは「酒が出来た」にすぎません。

酒は「出来る」ものでなく「造る」ものだと

私たちは考えます。

 

ふたつめは言うまでもありません。

酒造りには精米に始まりさまざまな工程があります。

そのひとつひとつの工程に失敗や、

手抜きがあればその度に「減点」が発生します。

せっかくの米が持っている100の可能性を

各工程のミスにより

5点、10点と減点していけば、

最後には何も残らなくなってしまいます。

そうな らないために丁寧で正確な作業を

心がけるのですが、

全ての工程に目配りすることは

並大抵のことではありません。

特に精米から米を蒸すまでの原料処理の工程を

丁寧に行うことや、麹・酒母・醪(もろみ)などの

各工程における温度管理、

壜詰め前の濾過・調合については

細心の注意をしないといけません。

これらの各工程にきちんと目配りをするために、

私たちは機械化や、

コンピューターを使った温度管理を導入しています。

また、機械化によるもうひとつのメリットは、

機械は純米大吟醸であろうと本醸造であろうと

手を抜きません。

蔵人が温度計を手に手動で管理を行っていたら、

約半年間の酒造りの間、すべての麹や酒母、醪に

完璧な温度管理をすることは出来ません。

どうしても大吟醸に集中するためには本醸造を

おろそかにせざるを得 ません。

また、人である以上眠るときもあれば、

体調の良いときばかりでもありません。

そして、当然の事ながら気温や湿度といった

外的条件も一定ではないのです。

そういった様々な要因に左右されない

酒造りのために機械化は必要不可欠なのです。

 

みっつめのチームワークも大切です。

酒造りの世界には「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」

という言葉があります。

和は良酒を醸す、蔵人のチームワークが

良 い酒を造るという意味です。

ご存じのように酒造りは分業制です。

原料処理の担当、麹の担当、酒母の担当、醪の担当…、

とさまざまな蔵人の手を経て酒は造られていきます。

各々が好き勝手な作業を行えば、

ちぐはぐな味わいの酒が

出来てしまうでしょう。

蔵人が酒の設計図を共有し、

米の出来映えを共有し、

それぞれ の発酵を共有することで初めて、

人を感動させる酒が造られるのだと私たちは考えます。

チームワークを高めるためには、

蔵人個人の技術を高める事も必要です。

そのために私たちは豊田市(旧・稲武町)に

吟醸工房をつくり、酒造りの匠の技を

若い蔵人に伝えるような取り組みを

続けています。

こういった取り組みを続けなければ、

チームの力を高められないだけではなく、

酒造りの技が未来に残せなくなっ てしまいます。

「和醸良酒」にはもうひとつの意味があります。

「良酒は和を醸す」良い酒を囲みながら仲間や友と

語り合うことで、そこに和が生まれます。

酒の中に米の旨み や甘みを持ち、

やわらかで香味の調和の取れた酒、

それが私たちの考える「良酒」です。

そんなお酒を私たちは造っていきたいと考えています。

そして関谷醸造だからこそ出来る酒造りを目指して…。

2017年3月27日 (月)

蓬莱泉 空 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

【お願い】

このお酒の

電話での

ご予約・ご注文・お取り置き は

承ることできません。

申し訳ありません。

入荷数量が 極めて少ない ので

早めのご来店 

お待ちいたしております。

なお水曜日は弊店休業日です。

ご注意ください。

今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

蓬莱泉 (ほうらいせん)

純米大吟醸 空  (くう)

Houraisen002


【蔵元コメント】--------------------------------

果物を思わせる芳醇な香りと

米の旨み・甘味を引き出した味わいのあるお酒です。

--------------------------------------------

入荷本数 極々わずか!

早期完売必至!!

 

皆様のご来店

お待ちいたしております。

------------------------------

【お願い】

このお酒の

電話での

ご予約・ご注文・お取り置き は

承ることできません。

申し訳ありません。

入荷数量が 極めて少ない ので

早めのご来店 

お待ちいたしております。

なお水曜日は弊店休業日です。

ご注意ください。

--------------------------------------------

--------------------------------------------

■ 蓬莱泉 純米大吟醸 空

                    [愛知県・関谷醸造]

Houraisen002_2

     4合瓶 ・・ 3,780円(税込)

【酒質データ】

原料米: 山田錦

精米歩合: 麹米=40%  掛米=45%

アルコール度数:15〜16%

※その他のデータは非公開




【関谷醸造】

https://www.houraisen.co.jp/ja/

----------------------------

関谷醸造株式会社

七代目蔵元 関谷 健

----------------------------

-伝統の技に新しい技術を加えた酒造り-

関谷醸造が考える「酒造り」に必要なものが3つあります。

ひとつめは「設計図をきちんと作ること」、

ふたつめは「丁寧かつ正確な作業を行うこと」、

みっつめは「蔵人のチームワーク」です。

「設計図」というと工業製品をイメージするかも知れませんが、

酒造りにもやはり設計図が必要です。

どんなお客様に、どんなシチュエーションで飲んでもらうのか?

どんな味わいにするのか?といった事から始まり、

その味わいやコンセプトを表現するために

どんな米をどこまで削るか決め、酵母や麹を選び、

発酵のさ せ方を考え、熟成の程度を決めていくこと、

それが酒造りの設計図です。

きちんとした設計図のないまま、酒の仕込みをしたところで

それは「酒が出来た」にすぎません。

酒は「出来る」ものでなく「造る」ものだと私たちは考えます。

 

ふたつめは言うまでもありません。

酒造りには精米に始まりさまざまな工程があります。

そのひとつひとつの工程に失敗や、手抜きがあれば

その度に「減点」が発生します。

せっかくの米が持っている100の可能性を各工程のミスにより

5点、10点と減点していけば、

最後には何も残らなくなってしまいます。

そうな らないために丁寧で正確な作業を心がけるのですが、

全ての工程に目配りすることは並大抵のことではありません。

特に精米から米を蒸すまでの原料処理の工程を

丁寧に行うことや、麹・酒母・醪(もろみ)などの

各工程における温度管理、壜詰め前の濾過・調合については

細心の注意をしないといけません。

これらの各工程にきちんと目配りをするために、

私たちは機械化や、コンピューターを使った温度管理を

導入しています。また、機械化によるもうひとつのメリットは、

機械は純米大吟醸であろうと本醸造であろうと手を抜きません。

蔵人が温度計を手に手動で管理を行っていたら、

約半年間の酒造りの間、すべての麹や酒母、醪に

完璧な温度管理をすることは出来ません。

どうしても大吟醸に集中するためには本醸造をおろそかに

せざるを得 ません。

また、人である以上眠るときもあれば、体調の良いときばかり

でもありません。

そして、当然の事ながら気温や湿度といった外的条件も

一定ではないのです。

そういった様々な要因に左右されない酒造りのために

機械化は必要不可欠なのです。

 

みっつめのチームワークも大切です。

酒造りの世界には「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」

という言葉があります。

和は良酒を醸す、蔵人のチームワークが

良 い酒を造るという意味です。

ご存じのように酒造りは分業制です。

原料処理の担当、麹の担当、酒母の担当、醪の担当…、

とさまざまな蔵人の手を経て酒は造られていきます。

各々が好き勝手な作業を行えば、ちぐはぐな味わいの酒が

出来てしまうでしょう。

蔵人が酒の設計図を共有し、米の出来映えを共有し、

それぞれ の発酵を共有することで初めて、

人を感動させる酒が造られるのだと私たちは考えます。

チームワークを高めるためには、蔵人個人の技術を

高める事も必要です。

そのために私たちは豊田市(旧・稲武町)に吟醸工房をつくり、

酒造りの匠の技を若い 蔵人に伝えるような取り組みを

続けています。

こういった取り組みを続けなければ、

チームの力を高められないだけではなく、酒造りの技が

未来に残せなくなっ てしまいます。

「和醸良酒」にはもうひとつの意味があります。

「良酒は和を醸す」良い酒を囲みながら仲間や友と

語り合うことで、そこに和が生まれます。

酒の中に米の旨み や甘みを持ち、

やわらかで香味の調和の取れた酒、

それが私たちの考える「良酒」です。

そんなお酒を私たちは造っていきたいと考えています。

そして関谷醸造だからこそ出来る酒造りを目指して…。

2016年11月13日 (日)

蓬莱泉 特別純米 しぼりたて

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

ピカソより 普通に~ ♪

ほう

ライセン が好き~~! (^^♪ 

アイっ!!! 

Houraisenn

蓬莱泉 しぼりたて 新酒

第2弾!

今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

Dscn3489

蓬莱泉

しぼりたて 新酒 = 初物 

第2弾 入荷しました!

Dscn3485


蓬莱泉 特別純米 しぼりたて

ほうらいせん

Dscn3488

初物 (しぼりたて 新酒) 飲んで

もう 75日 !

みなさん 長生き いたしましょう!

【蔵元コメント】--------------------------------

今秋の新酒です。

しぼりたて独特のフレッシュ感と

純米ならではのコクが

楽しめます。

--------------------------------------------

新酒のフレッシュさ 満載!

これは メロン だ〜〜〜!!

皆様のご来店

お待ちいたしております。

-----------------------------------------------

■ 蓬莱泉 特別純米 しぼりたて

                      [愛知県・関谷醸造]

Dscn3486

     1升瓶 ・・ 2,700円(税込)

     4合瓶 ・・ 1,350円(税込)

【酒質データ】

原料米: 麹=夢山水  掛=一般米

精米歩合:55%

アルコール度数: 18〜19%

Dscn3484


Dscn3487_2

【蔵元コメント】

しっかりした酒質の純米酒です。

酒が若いためフレッシュさと同時に

麹の香りも感じられます。

氷温で熟成させてから楽しむのも面白いでしょう。

お召し上がりは、冷蔵庫で冷やして。

氷を浮かべてロックでもどうぞ。

Dscn3483

2016年11月12日 (土)

初物 七十五日

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

昔から

 「初物を食べると

  寿命が75日延びる!」

   と言われております!!

     皆様もぜひ!!!!

今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

しぼりたて 新酒 = 初物 

入荷しました!

Dscn3482


蓬莱泉 しぼりたて

ほうらいせん

Dscn3478


Dscn3479

初物 (しぼりたて 新酒) 飲んで

みなさん 長生き いたしましょう!

【蔵元コメント】--------------------------------

今秋の新酒です。

しぼりたて独特のフレッシュ感と

キレの良さが楽しめます。

--------------------------------------------

新酒のフレッシュさ 満載!

原酒の力強さも十二分!!

Dscn3477

皆様のご来店

お待ちいたしております。

-----------------------------------------------

■ 蓬莱泉 しぼりたて

                      [愛知県・関谷醸造]

Dscn3481

     1升瓶 ・・ 2,203円(税込)

     4合瓶 ・・ 1,091円(税込)

【酒質データ】

原料米: 麹=夢山水  掛=一般米

精米歩合:55%

アルコール度数: 18〜19%

添加したアルコールは、自社製米焼酎です。

Dscn3480

【蔵元コメント】

米の旨味とフレッシュな飲み口で

ついつい杯が進む。

度数が高いので

飲みすぎには注意(笑)

冷蔵庫で冷やして。

氷を浮かべてロックでもどうぞ。

2016年11月 6日 (日)

花野の賦 " はなの の ふ "

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

あの!

幻の人気酒 「 空 」 と

同じ製法、スペックで作られた酒 

と聞いたら・・

いやでも応でも テンション

上がりますよね!!

蓬莱泉 (ほうらいせん)の

花野の賦 " はなの の ふ "  

今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

「 蓬莱線 純米大吟醸 空 」

「 蓬莱泉 」 といえば 「 純米大吟醸 空(くう) 」

と言われるほど、日本酒ファン 垂涎の的!

入手困難な酒として有名ですが・・・・

蓬莱泉には「空」と同じ製法、同じスペックで造られた、

「空」に近い酒質を持つ

「知る人ぞ知る人気酒」 が

存在するんです!

それが、今回入荷した

蓬莱泉 (ほうらいせん)

純米大吟醸酒

花野の賦 ( はなの の ふ )

だ~~~!!!!

Dscn3441

【蔵元コメント】--------------------------------

寒の時期に搾られた

「春のことぶれ」が

半年以上熟成して旨みのある、

味わい豊かなお酒になりました。

--------------------------------------------

Dscn3440

店主 飲んで驚いた happy02

ゲキウマです!!! lovely

数量限定 売り切れご勘弁!!

皆様のご来店

お待ちいたしております。

Houraisen020

-----------------------------------------------

■ 蓬莱泉 純米大吟醸酒 

      花野の賦 "はなの の ふ" 

                       [愛知県・関谷醸造]

Dscn3444

     4合瓶 ・・ 3,510円(税込)

【酒質データ】

原料米: 山田錦

精米歩合: 麹=40% 掛=45%

アルコール度数: 16〜17%

Dscn3443


Dscn3442

【蔵元コメント】

生のまま半年熟成したことで

丸く味わい豊かなお酒になりました。

生酒ですので冷蔵保管が必要ですが、

お召し上がりの際は あまり冷やしすぎず、

軽く冷やす ~ 室温程度

でお楽しみ下さい。

肴はトマトやチーズ、油ののった秋刀魚などが

お勧めです。

 

【関谷醸造】

https://www.houraisen.co.jp/ja/

----------------------------

関谷醸造株式会社

七代目蔵元 関谷 健

----------------------------

-伝統の技に新しい技術を加えた酒造り-

関谷醸造が考える「酒造り」に必要なものが

3つあります。

ひとつめは「設計図をきちんと作ること」、

ふたつめは「丁寧かつ正確な作業を行うこと」、

みっつめは「蔵人のチームワーク」です。

「設計図」というと工業製品を

イメージするかも知れませんが、

酒造りにもやはり設計図が必要です。

どんなお客様に、どんなシチュエーションで

飲んでもらうのか?

どんな味わいにするのか?といった事から始まり、

その味わいやコンセプトを表現するために

どんな米をどこまで削るか決め、酵母や麹を選び、

発酵のさ せ方を考え、熟成の程度を決めていくこと、

それが酒造りの設計図です。

きちんとした設計図のないまま、

酒の仕込みをしたところで

それは「酒が出来た」にすぎません。

酒は「出来る」ものでなく「造る」ものだと

私たちは考えます。

 

ふたつめは言うまでもありません。

酒造りには精米に始まりさまざまな工程があります。

そのひとつひとつの工程に失敗や、

手抜きがあればその度に「減点」が発生します。

せっかくの米が持っている100の可能性を

各工程のミスにより

5点、10点と減点していけば、

最後には何も残らなくなってしまいます。

そうな らないために丁寧で正確な作業を

心がけるのですが、

全ての工程に目配りすることは

並大抵のことではありません。

特に精米から米を蒸すまでの原料処理の工程を

丁寧に行うことや、麹・酒母・醪(もろみ)などの

各工程における温度管理、

壜詰め前の濾過・調合については

細心の注意をしないといけません。

これらの各工程にきちんと目配りをするために、

私たちは機械化や、

コンピューターを使った温度管理を導入しています。

また、機械化によるもうひとつのメリットは、

機械は純米大吟醸であろうと本醸造であろうと

手を抜きません。

蔵人が温度計を手に手動で管理を行っていたら、

約半年間の酒造りの間、すべての麹や酒母、醪に

完璧な温度管理をすることは出来ません。

どうしても大吟醸に集中するためには本醸造を

おろそかにせざるを得 ません。

また、人である以上眠るときもあれば、

体調の良いときばかりでもありません。

そして、当然の事ながら気温や湿度といった

外的条件も一定ではないのです。

そういった様々な要因に左右されない

酒造りのために機械化は必要不可欠なのです。

 

みっつめのチームワークも大切です。

酒造りの世界には「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」

という言葉があります。

和は良酒を醸す、蔵人のチームワークが

良 い酒を造るという意味です。

ご存じのように酒造りは分業制です。

原料処理の担当、麹の担当、酒母の担当、醪の担当…、

とさまざまな蔵人の手を経て酒は造られていきます。

各々が好き勝手な作業を行えば、

ちぐはぐな味わいの酒が

出来てしまうでしょう。

蔵人が酒の設計図を共有し、

米の出来映えを共有し、

それぞれ の発酵を共有することで初めて、

人を感動させる酒が造られるのだと私たちは考えます。

チームワークを高めるためには、

蔵人個人の技術を高める事も必要です。

そのために私たちは豊田市(旧・稲武町)に

吟醸工房をつくり、酒造りの匠の技を

若い蔵人に伝えるような取り組みを

続けています。

こういった取り組みを続けなければ、

チームの力を高められないだけではなく、

酒造りの技が未来に残せなくなっ てしまいます。

「和醸良酒」にはもうひとつの意味があります。

「良酒は和を醸す」良い酒を囲みながら仲間や友と

語り合うことで、そこに和が生まれます。

酒の中に米の旨み や甘みを持ち、

やわらかで香味の調和の取れた酒、

それが私たちの考える「良酒」です。

そんなお酒を私たちは造っていきたいと考えています。

そして関谷醸造だからこそ出来る酒造りを目指して…。

2016年11月 5日 (土)

蓬莱泉 純米吟醸 和

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

世界に広げよう!

蓬莱泉 (ほうらいせん)の

和 ! (わ!)

今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

Wa

店主 飲んで驚いた happy02

絶妙な甘みと酸が美味い!! lovely

Dscn3435


蓬莱泉 (ほうらいせん) 

純米吟醸酒 「 和 」 ( わ ) 

Dscn3445


【蔵元コメント】--------------------------------

口に広がるやわらかな甘味と

さわやかな酸味によるキレが

程よく調和したお酒です。

酒銘は「和は良酒を醸す」に

由来します。

--------------------------------------------

Houraisen006

皆様のご来店

お待ちいたしております。

Dscn3437

-----------------------------------------------

■ 蓬莱泉 純米吟醸酒 

             「 和 」 (わ)

                      [愛知県・関谷醸造]

Dscn3439

     1升瓶 ・・ 3,456円(税込)

     4合瓶 ・・ 1,728円(税込)

【酒質データ】

原料米: 麹=酒造好適米  掛=一般米

精米歩合: 50%

アルコール度数: 16〜17%

Dscn3438


Dscn3436

【蔵元コメント】

米の甘味と旨味が口いっぱいに広がり、

それを酸味がさらりと消していく、

甘味とキレを両立したお酒です。

どんな酒肴とも相性がいいので、

家呑みでちょっと贅沢をしたいときには

おすすめです。

冷や、ぬる燗どちらでもおいしく楽しめます。

トマトサラダと合わせると絶品。

 

【関谷醸造】

https://www.houraisen.co.jp/ja/

----------------------------

関谷醸造株式会社

七代目蔵元 関谷 健

----------------------------

-伝統の技に新しい技術を加えた酒造り-

関谷醸造が考える「酒造り」に必要なものが

3つあります。

ひとつめは「設計図をきちんと作ること」、

ふたつめは「丁寧かつ正確な作業を行うこと」、

みっつめは「蔵人のチームワーク」です。

「設計図」というと工業製品を

イメージするかも知れませんが、

酒造りにもやはり設計図が必要です。

どんなお客様に、どんなシチュエーションで

飲んでもらうのか?

どんな味わいにするのか?といった事から始まり、

その味わいやコンセプトを表現するために

どんな米をどこまで削るか決め、酵母や麹を選び、

発酵のさ せ方を考え、熟成の程度を決めていくこと、

それが酒造りの設計図です。

きちんとした設計図のないまま、

酒の仕込みをしたところで

それは「酒が出来た」にすぎません。

酒は「出来る」ものでなく「造る」ものだと

私たちは考えます。

 

ふたつめは言うまでもありません。

酒造りには精米に始まりさまざまな工程があります。

そのひとつひとつの工程に失敗や、

手抜きがあればその度に「減点」が発生します。

せっかくの米が持っている100の可能性を

各工程のミスにより

5点、10点と減点していけば、

最後には何も残らなくなってしまいます。

そうな らないために丁寧で正確な作業を

心がけるのですが、

全ての工程に目配りすることは

並大抵のことではありません。

特に精米から米を蒸すまでの原料処理の工程を

丁寧に行うことや、麹・酒母・醪(もろみ)などの

各工程における温度管理、

壜詰め前の濾過・調合については

細心の注意をしないといけません。

これらの各工程にきちんと目配りをするために、

私たちは機械化や、

コンピューターを使った温度管理を導入しています。

また、機械化によるもうひとつのメリットは、

機械は純米大吟醸であろうと本醸造であろうと

手を抜きません。

蔵人が温度計を手に手動で管理を行っていたら、

約半年間の酒造りの間、すべての麹や酒母、醪に

完璧な温度管理をすることは出来ません。

どうしても大吟醸に集中するためには本醸造を

おろそかにせざるを得 ません。

また、人である以上眠るときもあれば、

体調の良いときばかりでもありません。

そして、当然の事ながら気温や湿度といった

外的条件も一定ではないのです。

そういった様々な要因に左右されない

酒造りのために機械化は必要不可欠なのです。

 

みっつめのチームワークも大切です。

酒造りの世界には「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」

という言葉があります。

和は良酒を醸す、蔵人のチームワークが

良 い酒を造るという意味です。

ご存じのように酒造りは分業制です。

原料処理の担当、麹の担当、酒母の担当、醪の担当…、

とさまざまな蔵人の手を経て酒は造られていきます。

各々が好き勝手な作業を行えば、

ちぐはぐな味わいの酒が

出来てしまうでしょう。

蔵人が酒の設計図を共有し、

米の出来映えを共有し、

それぞれ の発酵を共有することで初めて、

人を感動させる酒が造られるのだと私たちは考えます。

チームワークを高めるためには、

蔵人個人の技術を高める事も必要です。

そのために私たちは豊田市(旧・稲武町)に

吟醸工房をつくり、酒造りの匠の技を

若い蔵人に伝えるような取り組みを

続けています。

こういった取り組みを続けなければ、

チームの力を高められないだけではなく、

酒造りの技が未来に残せなくなっ てしまいます。

「和醸良酒」にはもうひとつの意味があります。

「良酒は和を醸す」良い酒を囲みながら仲間や友と

語り合うことで、そこに和が生まれます。

酒の中に米の旨み や甘みを持ち、

やわらかで香味の調和の取れた酒、

それが私たちの考える「良酒」です。

そんなお酒を私たちは造っていきたいと考えています。

そして関谷醸造だからこそ出来る酒造りを目指して…。

2016年11月 4日 (金)

和醸良酒 の酒 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

愛知の銘酒 !

    蓬莱泉 (ほうらいせん)

酒千庵水上 の 

ラインナップに 加わりました!!

今日も ワンクリック お願いします! 


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

初お目見え 第一弾は・・・・

蓬莱泉 (ほうらいせん)

特別純米酒 「 可。 」 (べし。)

Dscn3432

【蔵元コメント】--------------------------------

酸味が少なくあっさりとした口当りと、

含み香が特色のすっきり型純米酒です。

よく冷やして呑むと美味。

ラベルの文言は江戸時代の漢詩人、

菅茶山(かんさざん)の文から。

酒銘はラベルの結句

「吾輩紳に書す べし

からとりました。

--------------------------------------------

Dscn3434

「酒人某出扇索書」

(しゅじんぼう、おうぎをいだしてしょをもとむ)

  一杯人呑酒(いっぱい ひとさけをのみ)

  三杯酒呑人(さんばい さけひとをのむ)

  不知是誰語(しらず これだれのごぞ)

  吾輩可書紳(わがはい しんにしょすべし)

<意訳>

 一杯目は 人が酒を呑む。

 三杯目には 酒に人が呑まれる。

 誰が言ったか知らないが

 飲酒の心得としてメモっておこう。

-------------------------------------------

Dscn3435

酒は飲んでも飲まれるな!

しかし「可。」

香味のバランスが良くて・・・

3杯どころか 4杯! 5杯!! up

危険なお酒です coldsweats01

皆様のご来店

お待ちいたしております。

-----------------------------------------------

■ 蓬莱泉 特別純米酒 

           「 可。 」 (べし。)

                      [愛知県・関谷醸造]

Dscn3428





     1升瓶 ・・ 2,700円(税込)

     4合瓶 ・・ 1,350円(税込)

【酒質データ】

原料米: 麹=酒造好適米  掛=一般米

精米歩合:55%

アルコール度数:16〜17%

Dscn3430


Dscn3431

【蔵元コメント】

酸味の少ないすっきりとした純米酒。

蓬莱泉の売れ筋No.1!

純米なのに非常に軽い酒質のお酒です。

麹の原料に使われている「夢山水」は、

愛知農試山間試験場、県食品技術センターと

関谷醸造(株)が協同研究の末開発した、

山間高冷地専用の酒造好適米です。

冷蔵庫で軽く冷やしてお召し上がりください。

また、ぬる燗でもおいしく召し上がれます。

 

【関谷醸造】

https://www.houraisen.co.jp/ja/

----------------------------

関谷醸造株式会社

七代目蔵元 関谷 健

----------------------------

-伝統の技に新しい技術を加えた酒造り-

関谷醸造が考える「酒造り」に必要なものが3つあります。

ひとつめは「設計図をきちんと作ること」、

ふたつめは「丁寧かつ正確な作業を行うこと」、

みっつめは「蔵人のチームワーク」です。

「設計図」というと工業製品をイメージするかも知れませんが、

酒造りにもやはり設計図が必要です。

どんなお客様に、どんなシチュエーションで飲んでもらうのか?

どんな味わいにするのか?といった事から始まり、

その味わいやコンセプトを表現するために

どんな米をどこまで削るか決め、酵母や麹を選び、

発酵のさ せ方を考え、熟成の程度を決めていくこと、

それが酒造りの設計図です。

きちんとした設計図のないまま、酒の仕込みをしたところで

それは「酒が出来た」にすぎません。

酒は「出来る」ものでなく「造る」ものだと私たちは考えます。

 

ふたつめは言うまでもありません。

酒造りには精米に始まりさまざまな工程があります。

そのひとつひとつの工程に失敗や、手抜きがあれば

その度に「減点」が発生します。

せっかくの米が持っている100の可能性を各工程のミスにより

5点、10点と減点していけば、

最後には何も残らなくなってしまいます。

そうな らないために丁寧で正確な作業を心がけるのですが、

全ての工程に目配りすることは並大抵のことではありません。

特に精米から米を蒸すまでの原料処理の工程を

丁寧に行うことや、麹・酒母・醪(もろみ)などの

各工程における温度管理、壜詰め前の濾過・調合については

細心の注意をしないといけません。

これらの各工程にきちんと目配りをするために、

私たちは機械化や、コンピューターを使った温度管理を

導入しています。また、機械化によるもうひとつのメリットは、

機械は純米大吟醸であろうと本醸造であろうと手を抜きません。

蔵人が温度計を手に手動で管理を行っていたら、

約半年間の酒造りの間、すべての麹や酒母、醪に

完璧な温度管理をすることは出来ません。

どうしても大吟醸に集中するためには本醸造をおろそかに

せざるを得 ません。

また、人である以上眠るときもあれば、体調の良いときばかり

でもありません。

そして、当然の事ながら気温や湿度といった外的条件も

一定ではないのです。

そういった様々な要因に左右されない酒造りのために

機械化は必要不可欠なのです。

 

みっつめのチームワークも大切です。

酒造りの世界には「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」

という言葉があります。

和は良酒を醸す、蔵人のチームワークが

良 い酒を造るという意味です。

ご存じのように酒造りは分業制です。

原料処理の担当、麹の担当、酒母の担当、醪の担当…、

とさまざまな蔵人の手を経て酒は造られていきます。

各々が好き勝手な作業を行えば、ちぐはぐな味わいの酒が

出来てしまうでしょう。

蔵人が酒の設計図を共有し、米の出来映えを共有し、

それぞれ の発酵を共有することで初めて、

人を感動させる酒が造られるのだと私たちは考えます。

チームワークを高めるためには、蔵人個人の技術を

高める事も必要です。

そのために私たちは豊田市(旧・稲武町)に吟醸工房をつくり、

酒造りの匠の技を若い 蔵人に伝えるような取り組みを

続けています。

こういった取り組みを続けなければ、

チームの力を高められないだけではなく、酒造りの技が

未来に残せなくなっ てしまいます。

「和醸良酒」にはもうひとつの意味があります。

「良酒は和を醸す」良い酒を囲みながら仲間や友と

語り合うことで、そこに和が生まれます。

酒の中に米の旨み や甘みを持ち、

やわらかで香味の調和の取れた酒、

それが私たちの考える「良酒」です。

そんなお酒を私たちは造っていきたいと考えています。

そして関谷醸造だからこそ出来る酒造りを目指して…。

その他のカテゴリー

お酒の勉強 | ご挨拶 | しぼりたて・新酒 | ひやおろし | ますの寿し | むぎ焼酎 | スパークリングワイン | ニュース | マスコミ出演 | マスコミ掲載 | ランキング | ワイン | ワイン:国産ワイン | ワイン:能登ワイン(石川県) | ワイン:赤ワイン | 予告 | 再入荷 | 参加者募集 | 和リキュール:子宝(こだから) | 地酒 三重 | 地酒 中国 | 地酒 九州 | 地酒 信越 | 地酒 北陸 | 地酒 千葉 | 地酒 和歌山 | 地酒 四国 | 地酒 埼玉 | 地酒 大分 | 地酒 奈良 | 地酒 宮城 | 地酒 富山 | 地酒 山口 | 地酒 山形 | 地酒 岩手 | 地酒 愛知 | 地酒 新潟 | 地酒 東北 | 地酒 東海 | 地酒 栃木 | 地酒 石川 | 地酒 福井 | 地酒 福岡 | 地酒 福島 | 地酒 秋田 | 地酒 能登 | 地酒 茨城 | 地酒 金沢 | 地酒 関東 | 地酒 関西 | 地酒 静岡 | 地酒 高知 | 大衆グルメ | 感謝! | 推薦図書 | 掲載御礼! | 新入荷 | 新登場! | 旅行・地域 | 日本酒 | 日本酒お役立ちサイト | 日本酒: 三井の寿(福岡県) | 日本酒: 竹葉(石川県) | 日本酒:〆張鶴(新潟県) | 日本酒:あたごのまつ(宮城県) | 日本酒:からはし(福島県) | 日本酒:くどき上手(山形県) | 日本酒:まんさくの花・日の丸・真人(秋田県) | 日本酒:やまとしずく・晴田・刈穂・出羽鶴(秋田県) | 日本酒:わしが國(宮城県) | 日本酒:一ノ蔵(宮城県) | 日本酒:一乃谷(福井県) | 日本酒:三千櫻(岐阜県) | 日本酒:上喜元(山形県) | 日本酒:不動(千葉県) | 日本酒:亀泉(高知県) | 日本酒:五橋(山口県) | 日本酒:仙禽(栃木県) | 日本酒:仙鳴郷(神奈川県) | 日本酒:住吉・樽平(山形県) | 日本酒:作(三重県) | 日本酒:信濃錦(長野県) | 日本酒:八海山(新潟県) | 日本酒:六十餘洲(長崎県) | 日本酒:出羽桜(山形県) | 日本酒:初孫・砂潟(山形県) | 日本酒:加賀鶴(石川県) | 日本酒:勝山(宮城県) | 日本酒:千代むすび(鳥取県) | 日本酒:南部美人(岩手県) | 日本酒:南(高知県) | 日本酒:司牡丹(高知県) | 日本酒:名倉山(福島県) | 日本酒:和田来(山形県) | 日本酒:喜楽長(滋賀県) | 日本酒:四季桜(栃木県) | 日本酒:國権(福島県) | 日本酒:大七(福島県) | 日本酒:大山(山形県) | 日本酒:大那(栃木県) | 日本酒:天の戸(秋田県) | 日本酒:天喜(埼玉県) | 日本酒:天寿・鳥海山(秋田県) | 日本酒:天狗舞(石川県) | 日本酒:奥の松(福島県) | 日本酒:奥能登の白菊(石川県) | 日本酒:姿・杉並木(栃木県) | 日本酒:安芸虎・赤野(高知県) | 日本酒:宗玄(石川県) | 日本酒:富久長(広島県) | 日本酒:寒紅梅(三重県) | 日本酒:寫樂(福島県) | 日本酒:山の井(福島県) | 日本酒:山川流・梅錦(愛媛県) | 日本酒:川亀(愛媛県) | 日本酒:川鶴(香川県) | 日本酒:常きげん(石川県) | 日本酒:御慶事(茨城県) | 日本酒:房島屋(岐阜県) | 日本酒:手取川・吉田蔵(石川県) | 日本酒:日高見(宮城県) | 日本酒:早瀬浦(福井県) | 日本酒:春毅・越乃雪舟・かたふね(新潟県) | 日本酒:春霞(秋田県) | 日本酒:春鹿(奈良県) | 日本酒:来福(茨城県) | 日本酒:東一(佐賀県) | 日本酒:東洋美人(山口県) | 日本酒:梅乃宿(奈良県) | 日本酒:梵(福井県) | 日本酒:楯野川(山形県) | 日本酒:池亀(福岡県) | 日本酒:浅間山(群馬県) | 日本酒:浦霞(宮城) | 日本酒:清泉・夏子物語(新潟県) | 日本酒:満寿泉(富山県) | 日本酒:無風~むかで~(岐阜県) | 日本酒:獅子の里(石川県) | 日本酒:甲子正宗(千葉県) | 日本酒:白瀑・山本(秋田県) | 日本酒:白露垂珠・竹の露(山形県) | 日本酒:真澄(長野県) | 日本酒:神泉(石川県) | 日本酒:秀よし(秋田県) | 日本酒:秀鳳(山形県) | 日本酒:立山(富山県) | 日本酒:笑四季(滋賀県) | 日本酒:米鶴(山形県) | 日本酒:紀伊国屋文左衛門(和歌山県) | 日本酒:繁桝(福岡県) | 日本酒:美丈夫(高知県) | 日本酒:羽根屋・富美菊(富山県) | 日本酒:花垣(福井県) | 日本酒:苗加屋・若鶴(富山県) | 日本酒:菊姫(石川県) | 日本酒:華鳩(広島県) | 日本酒:萩の鶴(宮城県) | 日本酒:萬歳楽(石川県) | 日本酒:蓬莱泉(愛知県) | 日本酒:蔵王桜(奈良県) | 日本酒:西の関(大分県) | 日本酒:謙信(新潟県) | 日本酒:豊の秋(島根県) | 日本酒:越の誉(新潟県) | 日本酒:越乃景虎(新潟県) | 日本酒:越乃雪月花(新潟県) | 日本酒:越前岬(福井県) | 日本酒:車坂・鉄砲隊(和歌山県) | 日本酒:遊穂・ほまれ(石川県) | 日本酒:酒峰加越・加賀吟醸・加賀の月(石川県) | 日本酒:酔鯨(高知県) | 日本酒:醴泉(岐阜県) | 日本酒:金陵(香川県) | 日本酒:長生舞(石川県) | 日本酒:開華(栃木県) | 日本酒:開運(静岡県) | 日本酒:阿櫻(秋田県) | 日本酒:雅山流・裏雅山流・影の伝説(山形県) | 日本酒:雨後の月(広島県) | 日本酒:雪中梅(新潟県) | 日本酒:飛良泉(秋田県) | 日本酒:香露(熊本県) | 日本酒:黒帯・加賀鳶・福正宗(石川県) | 日本酒:龍力・ドラゴン(兵庫県) | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 本格焼酎 | 本格焼酎お役立ちサイト | 本格焼酎:やきいも黒瀬【鹿児島酒造】[鹿児島県] | 本格焼酎:克【東酒造】(鹿児島県) | 本格焼酎:千亀女【若潮酒造】(鹿児島県) | 本格焼酎:南風の会【さつま無双】(鹿児島県) | 本格焼酎:富乃宝山・吉兆宝山【西酒造】(鹿児島県) | 本格焼酎:導師【櫻の郷酒造】(宮崎県) | 本格焼酎:明るい農村・農家の嫁【霧島町蒸留所】(鹿児島県) | 本格焼酎:晴耕雨読【佐多宗二商店】(鹿児島県) | 本格焼酎:楔=くさび【大海酒造】(鹿児島県) | 本格焼酎:渾身【落合酒造場】[宮崎県] | 本格焼酎:相良仲右衛門・相良兵六【相良酒造】[鹿児島県] | 本格焼酎:胡坐・すくも・麦の地平線【池亀酒造】(福岡県) | 本格焼酎:蔵の師魂【小正醸造】(鹿児島県) | 本格焼酎:赤兎馬【濱田酒造】(鹿児島県) | 本格焼酎:黒糖朝日【朝日酒造】(鹿児島県) | 本格焼酎:黒騎士・つくし【西吉田酒造】 | 本格焼酎:TETSUUMA・鉄馬【オガタマ酒造】(鹿児島県) | 梅酒・和リキュール | 梅酒・和リキュール:上喜元 | 梅酒・和リキュール:中野BC | 梅酒・和リキュール:吉村秀雄商店 | 梅酒・和リキュール:子宝(こだから) | 梅酒・和リキュール:景虎梅酒[新潟県] | 梅酒・和リキュール:梅乃宿【梅乃宿酒造】(奈良県) | 梅酒・和リキュール:池亀酒造 | 梅酒・和リキュール:研醸 | 梅酒・和リキュール:美丈夫 | 梅酒・和リキュール:西吉田酒造 | 梅酒・和リキュール:角玉梅酒・健美麗 | 梅酒・和リキュール:赤兎馬柚子・赤兎馬梅酒 | 梅酒・和リキュール:鶯屋ばばあの梅酒(和歌山県) | 気になる~ | 生酒 | 発売予告 | 私本 新潟清酒達人検定 傾向と対策 | 米焼酎 | 粕とり焼酎 | 美味なお店 | 芋焼酎 | 蔵元だより | 酒千庵水上会 | 金澤三水会 | 鑑評会・コンクール情報 | 長期熟成酒・古酒 | 麦焼酎

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ