« 超裏 (スーパーウラ) | トップページ | 望 スプラッシュ 純米大吟醸 直汲み 生 »

2021年10月 3日 (日)

大倉「源流」古代もと

おおくら

げんりゅう

こだいもと

 

Dscn9223-2

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。

 

ついに

原点まで

たどり着いた

「一段仕込み」!

 

まるで

カルピスの

原液のよう!?

 

ロックも良し!

 

甘口ワイン感覚で!

 

 

 

 

皆様のおかげで

ランキング1位 

死守 いたしております!

今日も 叱咤激励 の

ワンクリック 

何卒お願いいたします!

 

↓ ↓

 


日本酒 ブログランキングへ

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。

 

Photo_20210224233901

 

 

ダンチュウ 3月号 は

 

『  日本酒特集号  』 

 

そのダンチュウの

「いま、史上最高の呑みどき。日本酒2021」

 の特集の中で

 

2021深化する酒 1

「原点回帰の酒」

 

温故知新。

今、一番動きのある酒

 

菩提酛

 

(水酛)

 

で紹介された

「大倉」(おおくら)

ブランドから

さらに進化&深化した

限定酒登場だ!

 

 

Dscn9222

 

 

大倉

 

 

源流

 

 

古代もと

 

 

純米

 

 

無濾過

 

 

生原酒

 

おおくら

げんりゅう

こだいもと

じゅんまい

むろか

なまげんしゅ

 

 

Dscn9223

 

 

呑む人に

 

 

強烈な

 

 

インパクトを

 

 

与える

 

 

すごい酒!

 

 

Dscn9222-2

 

 

古代もと

 

 

とは何か?

 

 

知りたい

 

 

貴方なら

 

 

ぜひ

 

 

呑んで

 

 

みるべし!

 

 

 

 

【 推薦コメント 】---------

 

★この酒は、

ついに原点まで

たどり着いた

「一段仕込み」!

 


今年の食雑誌

dancyu3月号の日本酒特集で

菊もと無濾過生原酒が掲載され

さらに注目度がアップしている

大倉の「 源流シリーズ 」。

 

そのあまりにも

常識の枠を超えた

強烈な甘味と酸味は

酒通だけではなく

お酒に慣れ親しんでない人

にとっても

「甘口ワインみたいで美味しい」

という高い評価をいただいており

年々「 中毒者 」が

増加しています。

 

そんな源流シリーズより

今年はその極みである

一段仕込みの「 古代もと 」が

仲間に加わり3シリーズへ。

 

まず一発目は

その新商品からスタートです!

 

★まるで

カルピスの原液

のよう!?

ロックも良し!

甘口ワイン感覚で!

 

源流シリーズは

基本、水もと仕込みのお酒です。

 

青ラベルの水もとは

通常の三段仕込み

黄ラベルの菊もとは

二段仕込み。

 

そして、

この古代もと(造語です)は

究極の一段仕込みとなります。

 

仕込み回数が

少ないということは

直接< 酒母の味わい >に

影響されやすく

3シリーズのなかでも

もっとも重厚感のある

濃厚な香味が特徴となります。

 

熟成チーズや乳

熟成したりんごのような香りに

もったりとした口当たり

濃縮したお米の旨味が

口いっぱいに広がります。

 

それはまるで

「 カルピスの原液 」を

飲んでいるかのよう!

 

ロックにしても良いですし

よ~く冷やして

甘口ワイン感覚でも

お楽しみいただけます。

 

-------------------------------

 

 

\(◎o◎)/!

 

Dscn9224

 

 

超 レア な

美酒です!

 

皆様のご来店 

お待ちいたしておりま〜す!

 

 

------------------------------------

■ 大倉

 

 

源流

 

 

古代もと

 

 

純米

 

 

無濾過

 

 

生原酒

 

おおくら

げんりゅう

こだいもと

じゅんまい

むろか

なまげんしゅ

 

[奈良県・大倉本家]

 

Dscn9222-3

 

1升瓶 ・・ 3,300円(税込)

4合瓶 ・・ 1,760円(税込)

 

【酒質データ】

原料米: キヌヒカリ

精米歩合: 70%

日本酒度: -36

酸度: 5.0

アルコール度数: 16%

 

【蔵元紹介】

大倉本家は、

奈良県香芝市にあります。

万葉の昔より

天の二上 (あめのふたかみ) と呼ばれ、

神聖視されてきた二上山の麓に位置します。

一時酒造りを中止した時期もありましたが、

百年余り

この地で酒造りを続けている蔵元です。

レギュラーの 「金鼓」を始め、

限定流通の 「大倉」、

奈良県神社庁の委託で

新穀感謝祭のお神酒である 「濁酒」

という3本立ての商品展開をしています。 

 

 

« 超裏 (スーパーウラ) | トップページ | 望 スプラッシュ 純米大吟醸 直汲み 生 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超裏 (スーパーウラ) | トップページ | 望 スプラッシュ 純米大吟醸 直汲み 生 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ