« 酔鯨 吟麗 サマー | トップページ | 瀧澤 純米吟醸 生酒 »

2021年4月29日 (木)

モダン仙禽 雄町 無濾過生原酒

もだんせんきん 

おまち 

むろかなまげんしゅ

 

 

★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:

 

雄町スト(雄町ファン)!

 

仙禽ファン!!

 

必飲の1本!!!

 

 

ますます美味しくなる

モダン仙禽 が

貴方を虜にする!

 

 

生バージョンは

 

 

今だけ!

 

 

今飲まないと

絶対後悔

しますぞ〜〜!!

 

 

 

ワンクリック お願いしま~す! 

 


日本酒 ブログランキングへ

 

★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:

 

Dscn8756-3

 

仙禽 の 

こだわり = コンセプト !

 

特に 赤い文字 

の部分は

 

仙禽 の 

特筆 すべき 特徴 

です!

 

 

【仙禽の世界~仙禽ワールド~】

 

『 仙禽 』 コンセプト 

1:仙禽は、

 機械工業製品ではなく、

 「伝統工芸品」である。

 

2:仙禽は

 「酸味」と「甘み」

 基調とした設計により

 造られる。

 

3:仙禽は、上槽後、

 澱引き・濾過・加水を

 一切行わない。

 

4:仙禽は、上槽後、

 速やかに瓶詰され、

 瓶貯蔵される。

 

5:仙禽は、瓶囲い後

 火入れするものは

 「瓶火入れ」によって

 処理される。

 

6:仙禽は

 「原酒」であることが

  前提であり、

 <原酒であり

  アルコール度数を

  抑えた製法>

  を用いる。

 (低アルコール原酒)

 

7:仙禽は、全ての商品が

 「無濾過生原酒」もしくは

 「無濾過原酒」である。

 

8:仙禽は、通常商品の他に

 季節商品をリリースする。

 

9:仙禽は、季節によって

 「酸」の出し方を変えて

  リリースする。

 

---------------------------------

 

Dscn8756

 

雄町ファン!

仙禽ファン!

必飲  !

 

 

モダン仙禽

 

 

雄町

 

 

無濾過

 

 

生原酒

 

 

もだんせんきん

おまち

むろか

なまげんしゅ

 

Dscn8756-2

 

【蔵元コメント】----------------

 

モダン仙禽 雄町 新酒 

のご案内です。

今年もわが蔵の

看板商品の一つである

雄町の発売です。

 

時間の経過とともに

味わいが増していく

「雄町」は、

その旺盛な発酵力を

軟水の力でやわらげ

適度な酸でコーティング

することによって

大味にならないように

コントロールしました。

 

雄町米はその性格上

晩稲(おくて)の

品種であるがゆえ

夏を過ぎると甘みが強く増し

甘だれすることが多く

見受けられるため

意図的に抑えつけて

コントロールしていきます。

そうすることにより

新酒の生の時点では

淡さ、爽やかさが楽しめ

秋口にちょうど良い熟成が

可能になります。

 

今年も軽快なクリア感を大切に

重心な軽さ、

適度なボリューム感を

意識して醸しました。

 

------------------------------

 

酒千庵水上 が太鼓判! 

 

特撰デス!!  

 

二重丸◎デス!!! 

 

Dscn8756-4

 

生バージョンは数量限定!

今のまないと

来年まで飲めませんぞ~!

 

ぜひ一度 

ご賞味くださいませ!!

 

--------------------------------------------

■ モダン仙禽

 

 

雄町

 

 

無濾過生原酒

 

もだんせんきん

おまち

むろかなまげんしゅ

 

[栃木県・せんきん]

 

Dscn8757

 

1升瓶 ・・ 3,600円(税込)

4合瓶 ・・ 1,801円(税込)

 

【酒質データ】

原料米:栃木県さくら市産

   麹米=山田錦

   (ドメーヌ・さくら 山田錦)

   掛米=雄町

   (ドメーヌ・さくら 雄町)

精米歩合: 麹米=50% 掛米=60%

アルコール度数: 15%

 

★中取り(中汲み)無濾過生原酒

★適した飲用温度: 8~13℃

 

Dscn8758-2

 

【蔵元コメント】

仙禽のテロワール内の

ドメーヌ雄町の収穫は11月末。

本州の雄町の収穫では

最も遅いとされています。

稲穂はワイルドに男らしく

原料米も元気に水を吸収し

エネルギーにあふれた発酵を

していきました。

 

淡く、透き通った果実を

連想させる香り。

「みずみずしい」という

表現が当てはまるほど

果実を絞ったかのような

発散するみずみずしい香りが

雄町の美しさを物語ります。

味わいも透明感あふれ

やさしい酸味と控えめな甘味が

軽快にフィニッシュします。

 

 

« 酔鯨 吟麗 サマー | トップページ | 瀧澤 純米吟醸 生酒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酔鯨 吟麗 サマー | トップページ | 瀧澤 純米吟醸 生酒 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ