« 加賀の月 百万石乃白 生しぼり | トップページ | 〆張鶴 純米吟醸 生原酒 »

2021年2月 4日 (木)

萬歳楽 立春 朝搾り

★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。

 

怒涛の新酒 第 66 弾!

 

白山さんから

 

無事 

 

帰って参りました!

 

萬歳楽 

 

立春朝搾り

 

本日 10時から

 

販売開始です〜!!

 

 

只今

ランキング 1位 

なんとか 死守中!

みなさまのお情け

ワンクリック 

お願いいたします!

 

↓ ↓

 


日本酒 ブログランキングへ

 

★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。

 

Photo_20210202175801

 

立春(昨日)の夜明けに搾られた

しぼりたてを 即ビン詰め!

 

立春

 

朝搾り

 

萬歳楽

 

純米吟醸

 

生原酒

 

Dscn8399

 

令和三年

 

辛丑

 

(かのとうし)

 

二月三日

 

Dscn8400-2

 

霊権あらたかな

白山さんで

バッチリ御払いしてもらつた

縁起酒!

 

Dscn7077

 

鶴来から

不肖 水上 

無事 酒 持って 

参りました!

 

Dscn4766

 

Dscn8397

 


Dscn7072

 


Dscn7078

 

店頭販売 本数わずか!

ご来店は お早めに!!

 

----------------------------------------------

■ 萬歳楽

 

 

立春朝搾り

 

 

純米吟醸

 

 

生原酒

 

[石川県・小堀酒造店]

 

Dscn8398

 

4合瓶のみ ・・ 1,760円 (税込)

 

 

【酒質データ】

純米吟醸生原酒です!

原料米:石川県産 晩植 五百万石

精米歩合:55%

 

Dscn8400-2

 

【晩植五百万石 とは・・

稲を通常より遅く植える栽培方法「晩植」で

収穫した五百万石を100%使用いたしました。

遅く植えることで米が実を結ぶ時期が

寒暖の差の生じる秋になるため

米の味わいに深みが加わると言われています。

 

 

-------------------------------------------

◆立春とは◆

2月3日は立春の日。

立春の日は旧暦のお正月にあたります。

その前日の夜、節分に豆まきをするのは、

邪気を払い福を呼び込み、新しい春を迎えるため。

一年でもっとも寒い時ですが、

みぞれ雪が降る中にも梅がほころび始めるなど、

この日から寒さも和らぎ、日射しものびていきます。

正式には立春のこの日から干支が改まります。

今年がよい年となるよう願いながら、

 

萬歳楽 立春朝搾り  

 

をお楽しみください。

 

 


◆〈萬歳楽立春朝搾り〉は当日搾り◆ 

さて、春を迎えるめでたき立春の日に

ふさわしい祝い酒が

〈 萬歳楽 立春朝搾り 〉。

節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、

立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を、

その日の夜に皆さまが召し上がられるように

手配にいたします。

朝できたばかりのお酒を夜に飲めるのだから、

このうえなく新鮮。

もちろんいっさいの火入れをしない生酒、

しかも原酒です。

酒蔵でしか味わえないフルーティな香気と、

躍動感あふれる生まれてたて新酒の味わいを

居ながらにして楽しめます。

立春の日の朝に産声をあげたばかりのお酒で、

生まれたての春を祝いませんか。



◆家 杜氏 泣かせの〈立春朝搾り〉◆ 

搾り上がりが2月3日と決まっている立春朝搾りは、

できあがりが早すぎたり遅くなったりしないいよう、

完璧な管理と微妙な調整が必要。

「大吟醸より神経を使う」という 

能登杜氏の名人 = 家 杜氏 泣かせのお酒なのです。

また、搾り上がったらすぐに瓶詰めして

出荷しなければならないため、この日、蔵人たちは夜中から、

ときには徹夜での作業を行います。

 



◆酒千庵水上が直接蔵に出向きます!◆

〈立春朝搾り〉のお酒は、酒千庵水上の店主が

休日返上で、自ら蔵まで足を運び

2月4日 開店と同時に 朝一番から

皆様にお渡しできるように

持ってまいりました。

 




◆蔵元近郊地域でしか飲めない

地域限定酒◆

 

〈 萬歳楽 立春朝搾り 〉は

石川県で 5店舗(わずか5店舗!) の

「〈 萬歳楽 立春朝搾り 〉参加加盟店」

直接、蔵から持ち帰る

超レアな逸品です。

〈 萬歳楽 立春朝搾り 〉は、地域限定酒。

「その地域のお酒を造る人、届ける人、

飲む人が、一緒に春の到来を祝う」という

地酒ならではの意味合いも込められた、

イベント酒でもあるのです。

 

 

Sirayamasan

◆お祓いつきでめでたさひとしお◆ 

 

このお酒は

白山比咩神社 の社殿にて 

お祓いを受けた 縁起酒。

 

お酒を造る人・届ける人・飲む人……

〈 萬歳楽 立春朝搾り 〉に関わるすべての人の

無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願。

皆さまに幸多かれと、穢れのない新酒をお届けします。

 

Dscn7078

 

« 加賀の月 百万石乃白 生しぼり | トップページ | 〆張鶴 純米吟醸 生原酒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 加賀の月 百万石乃白 生しぼり | トップページ | 〆張鶴 純米吟醸 生原酒 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ