« 雪の茅舎 純吟 ひやおろし | トップページ | お待たせ! 信州亀齢最新バージョン!! »

2020年9月 3日 (木)

あべ 安田鳥越

Photo_20200831190101

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。

 

そう!

 

田圃(たんぼ)が

 

重要なのです!

 

ワンクリック

お願いします!

 


日本酒 ブログランキングへ

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。

 

 

 

蔵元曰く・・・

「 柏崎とその周辺を

 より知ってもらうための

 田んぼ別ブランドなのです! 」

 

 

Abesenmu_20200724232201

 

 

上輪新田!

赤田!

に続く 第3弾!

 

Dscn8043 

 

 

安田鳥越

 

YASUDA

 

TORIGOE

 

やすだとりごえ

 

 

Dscn8047

 

より テロワール を 

追求する試み!

 

 

Dscn8046

 

圃場(ほじょう)別の酒造りを行い

地元を活性化!

土地ごとの色を出そうと

動き出したプロジェクトだ!!

 

【コンセプト】--------------------------

 

柏崎周辺の

かけがえのない景色を守るために

酒蔵としてできること

地元の勤め人にはできなくて、

僕たち酒蔵だからこそ

大いに貢献できること

それは “農業” を

次の世代に繋ぎ、

蔵のある街を残し続けること。

 

昔ではあたり前のことでした。

今は良くも悪くも、

流通の進化と共に

高品質な原材料を

どこにいても手に入れる事が

できるようになりました。

 

蔵としての

選択肢がたくさんある時代です。

 

この時代において

僕がやりたいことは一つ。

 

地元のお米を

たくさん買って

酒に変換していくこと。

 

酒造りに勤しんでいると

米の性質一つで

これだけ操作が変わる事に

感動したと共に、

これまでの酒の造り手は

毎年同じ味で世の中に

商品を出していく事の

大変さを体感しました。

 

造れば造るほど米への興味が湧き、

気づけば米の質ではなく、

米を通して地域を伝えたい

という思いが強くなってきました。

 

柏崎を伝え、

柏崎に人を呼びたいです。

 

私達の蔵がある

新潟県の農業従事者のうち

ほとんどが米農家です。

 

つまり米農家が

米作りをやめてしまうと

どんどん私達の生まれ育った景色が

変わってしまうのです。

 

酒の原料は米です。

阿部酒造が

地元の米を使い続けることで

地元の農家さん

も米作りを続けることができます。

 

逆に農家が米作りをやめてしまうと

私達は酒造りができなくなります。

 

地元の米を使い続けることができれば

素晴らしい柏崎の景色も

守ることができます。

 

地元新潟県産米の使用比率は

先代からずっと100%です。

 

6 代目の代では

新潟県産100% から

柏崎周辺地域100% を

目指し活動をしています。

 

現在、契約農家様の甲斐もあり

65% 程が柏崎周辺地域の米に

なっています。

 

僕が蔵に戻ってから、

現在6 年が立ち

少しずつ

柏崎周辺地域の農家さんと

出会うことができ

みなさまのお陰もあり

このような

プロジェクトを行う所まで来ました。

 

柏崎を含む柏崎刈羽地域は

海沿いから里、山沿いと

とても景色が様々な地域です。

 

当然田んぼのある景色も

全く違います。

 

それを酒で

伝えることはできないか!

 

と始まったのが

圃場別プロジェクトです。

 

-----------------------------------------

 

Dscn8044

 

Dscn8045

 

今回も 入荷本数 極々わずか!

欲しい方はお急ぎください!

 

阿部酒造(検索)

 

3_20200831185501

 

-------------------------------------

■ 安田鳥越

 

YASUDA

 

TORIGOE

 

[新潟県・阿部酒造]

 

Dscn8048

 

1升瓶 ・・ 3,740円 (税込)

4合瓶 ・・ 2,035円 (税込)

 

こちらの商品は

わずかではありますが

売上の一部を

この地域の圃場を

整備するために

寄付を行います。

 

【酒質データ】

原料米: 柏崎市 安田・鳥越 産米

精米歩合: 非公開

アルコール度数: 16% 

※1回火入れ原酒です。※

 

 

 

 【 安田鳥越 圃場とは 】

 

2_20200831185501

 

 安田鳥越( ヤスダトリゴエ) 圃場とは

当蔵から目と鼻の先。

僕が子供の頃からみていた景色が

この安田鳥越圃場です。

当蔵最寄りの

JR 安田駅からも見渡せる

この圃場は” 赤田” 同様、

住民の生活するエリアと密接した

” 里” エリアの圃場になります。

昔当蔵は水道がない時代、

この安田地域の山から

竹で水を引っ張って

酒造りに使用していたようです。

距離にして2km くらいあるので、

今の時代では山側以外考えられないですね。

この地域も米農家さんの高齢化が進み、

耕作放棄地が生まれてきています。

この安田鳥越地域の田んぼを

昨年の作付けより、

蔵人兼小清水の米を作る、

矢島衛氏が米作りを始めました。

この地域は阿部酒造も

将来米作りができたらいいなと

考えているエリアです。

 

 

« 雪の茅舎 純吟 ひやおろし | トップページ | お待たせ! 信州亀齢最新バージョン!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の茅舎 純吟 ひやおろし | トップページ | お待たせ! 信州亀齢最新バージョン!! »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ