« きのえね べつあつらえ | トップページ | 線香花火 〜仙禽~ »

2019年8月24日 (土)

あべ 越淡麗 純米吟醸

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。

 

ポイント1

越淡麗×阿部酒造らしい

旨口の共演!

 

ポイント2

酸もクリアに!

 

ワンクリック

お願いします!

 


日本酒 ブログランキングへ

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。

 

人気ブランド あべ の 秘酒!

 

 あべ 

越淡麗 

純米吟醸

Vol.4

 

入荷しました!

 

Dscn6546

 

【蔵元コメント】--------------------------

 

当社の定番純米吟醸や定番純米などは

五百万石が中心の酒米でした。

それは新潟県は五百万石の生誕地でもあり、

生産数量も多く、

新潟県で酒を造っている以上、

この酒米を中心にしないと

新潟に蔵を構えている意味はないかなと、

当社は考えており、

定番酒はもとより阿部酒造全体の使用比率も

圧倒的になっています。

 

使用比率の第2位が

この越淡麗と言う酒米です。

当社では

★シリーズで使用しているケースが多いです。

越淡麗も五百万石同様

新潟県で生まれたお米で

このお米に関しては

新潟県が作ったブランドなので

他県の酒蔵に出て行くことはありません。

(他県で使用することができません。)

 

この2品種だけで70%の使用割合です。

 

そして、昨年越淡麗が豊作であったため、

当社は予定よりも多く越淡麗が入荷しており、

「定番酒のレシピで越淡麗を使ってみよう!」

と使用に至りました。

 

新潟県内では夏場の平均気温が

ここ最近グングンと上がっており、

今後早稲品種が育てづらい環境が

訪れるのではと考えております。

 

早生品種の代表格が酒米では五百万石です。

しかしここ最近、

五百万石に高温障害が多発しており、

本当に近い将来、このお米が

主流でなくなる可能性があるのではないか

と危惧をしています。

 

その時に、急に越淡麗に使用を変えても、

造り手の経験が浅い当蔵としては

すぐに越淡麗のパフォーマンスを

最大限 活かした酒を出せるかどうか

わからないため、

越淡麗でも定番純米吟醸を造っておきたい

と思い造りました。

 

------------------------------------------------ 

 

Dscn6545

 

完全なる出荷規制=蔵元割り当てのため

弊店入荷本数 極々わずか!

欲しい方は

お急ぎくださいませ!

 

阿部酒造(検索)

 

 

-------------------------------------

 ■ あべ 

越淡麗

純米吟醸 

vol.4

[新潟県・阿部酒造]

 

Dscn6544

 

1升瓶のみ ・・ 3,456円 (税込)

 

Kositannrei

 

【酒質データ】

原料米: 柏崎産  越淡麗

精米歩合: 60%

アルコール度数: 14% 

※1回火入れ生詰原酒です。※

« きのえね べつあつらえ | トップページ | 線香花火 〜仙禽~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« きのえね べつあつらえ | トップページ | 線香花火 〜仙禽~ »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ