« 石川酒68号 愛称募集! | トップページ | 令和元年・石川の秋の限定酒 »

2019年7月23日 (火)

しんかする はるごころ

*@※★*@※★*@※★*@※★*@※★

 

進化する!

 

深化する!

 

神化する!

 

春 心

 

究極の地酒

1回火入れ

 

入荷 !

 

ワンクリック お願いします! 

 


日本酒 ブログランキングへ

 

*@※★*@※★*@※★*@※★*@※★

 

003

 

ダンチュウ 2019年 3月号 に

感動の蔵

として 紹介された

石川県の地酒蔵 !

「 西出酒造 」

 

20190227_135500

 

 

 

 

その蔵の オススメ酒 が

 

進化して!

 

深化して!

 

新登場だ〜!

 

Dscn6434

 

春心

きもと純米酒

1回火入れ 

瓶貯蔵

ver.2019

( バージョン  2019 )

 

Dscn6433_20190722183301

 

Dscn6437

 

『 生酛でコシヒカリで造ったお酒 』

『 造り手の想いがこもったお酒 』

 

決して賞をとるような

お酒ではありません(笑)

 

そんな 西出酒造 にしか

出来ないお酒が完成しました!

 

Dscn6435

 

皆様のご来店

お待ちいたしております。

 

----------------------------------------------

■ 春心

 

きもと純米酒

 

1回火入れ

 

瓶貯蔵 ver.2019

 

 

 

[石川県・西出酒造]

 

Dscn6436

 

1升瓶 ・・ 3,564円(税込)

4合瓶 ・・ 1,782円 (税込)

 

【酒質データ】

精米歩合: 70%

アルコール分: 16%

 

【 蔵元便り 】------------------

 

★ 春心=はるごころ とは ・・ ★

 

春心への思いがお酒に表れました。

創業から続く代表銘柄「春心」は

冬の厳しさを乗り越えて

春を待つ温かい心の例えで

苦難を乗り越えながら

何かを心待ちにする気持ちを

表しています。

「春心」の想いはどこか飲むのが恋しく

待ち遠しい味わいと

お酒になって表れています。

 

★ 生酛つくり純米酒の味わい ★

 

究極の地酒を追求した

「The春心」(ザ・ハルゴコロ)。

西出酒造の生酛つくりは

素材を見てからはじめて

自然の微生物と相談し

酒質を決めていく、

すなわち菌と人が力を合わせてお酒を

造り上げる製法です。

そのため酵母を培養添加せず、

自然に蔵付き酵母が湧き付くのを

待って育てていきます。

温度によって変遷する微生物や製造年度の環境

そして軟水質な仕込み水、

何より純粋な地の水と土の栄養で育った

農家さんのこだわりの栽培米を

使うことで自然な地の味わいを

追求し表現しています。

 

★ 味わいの特徴・美味しい飲み方 ★

生酛製法は、

お米の出汁を採る取ることに等しく

旨味成分のアミノ酸が多いため

みそ汁やスープのように温める飲み方

(燗酒)・部屋の温度(常温)が

オススメです。

温度によって変化する

甘辛みや旨味の味わいをお楽しみください。

「春心」のお酒は開栓後も日に日に

味わいがのって美味しくなっていくため

最後まで長くお楽しみいただけます。

「春心」のお酒の色味は

お酒に含まれる糖や旨味成分が多いために

表れる自然のままの色です。

 

 

« 石川酒68号 愛称募集! | トップページ | 令和元年・石川の秋の限定酒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川酒68号 愛称募集! | トップページ | 令和元年・石川の秋の限定酒 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ