« 令和元年・石川の秋の限定酒 | トップページ | 「大山」を飲んで応援 その2 »

2019年7月25日 (木)

「大山」を飲んで応援! その1

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。

 

 蔵元からのメッセージ

 

「大山」を

知っていただくこと、

「大山」を

飲んでご支援して

いただけることが

ありがたいです。!

 

ワンクリック お願いします 

 


日本酒 ブログランキングへ

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。

 

 2019年6月18日午後10時22分、

山形県沖にて最大震度6強を観測した

山形県沖地震が発生。

山形県鶴岡市に蔵を構え、

「大山」を醸す加藤嘉八郎酒造が

大きな被害を受けました。

この地震によって、

1升瓶換算で25万本を

貯蔵していた日本酒のうち、

約36,500本が倒壊し

そのうち破損した本数は

約10,000本ほど。

 

Katokahachiro01

 

また、土蔵の被害も大きく、

外壁の崩落や亀裂などが発生し

再建に莫大な費用が掛かる模様です。

 

Katokahachiro02

 

酒千庵水上でも

人気の銘柄

「大山」のピンチです!

 

「大山」を

 

飲んで応援!

 

Dscn6439

 

大山 槽掛け

特別純米酒

無濾過原酒

 

入荷いたしました!

 

よろしくお願いいたします!!

 

Dscn6438

 

****************************

Dscn6440

 

槽掛け搾りの作業 

 

    ↓   ↓

 

Photo_20190722211701

酒袋をひとつひとつ丁寧に

槽に掛けて搾りました。 

 

********************************

 

-------------------------------------------

■ 大山 槽掛け

特別純米酒

無濾過原酒

[山形県・加藤嘉八郎酒造]

 

Dscn6441

 

1升瓶 ・・ 3,370円 (税込)

4合瓶 ・・ 1,685円 (税込)

 

【酒質データ】

原料米: 山形県産 はえぬき & 出羽の里

精米歩合: 60% 

日本酒度: +3

酸度: 2  

アミノ酸度: 1

アルコール度数: 17%

酵母: 山形酵母

 

【蔵元コメント】

 大定番酒である

『 大山 特別純米酒 』のもろみを、

搾り方や瓶に詰めるまでの工程を

出品用大吟醸と全く同じ手法で処理をすると

「どのような味わいになるか?」

という興味から生まれたお酒です。

「はえぬき仕込み」と「出羽の里仕込み」の

それぞれのもろみを低温にてゆっくりと発酵させた後、

丁寧に、且つスピーディーに酒袋に小分けに入れ、

伝統的な槽掛け法により搾り上げました。

上槽・ブレンド後、

静かに澱が沈降した後の上澄みを採取し、

無濾過無調整のまま瓶に生詰めし、

その後、パストライザーにて瓶火入れを行いました。

酒袋から滴り落ちるその味わいは、

絹のような滑らかさと深みが最大の特徴です。

« 令和元年・石川の秋の限定酒 | トップページ | 「大山」を飲んで応援 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和元年・石川の秋の限定酒 | トップページ | 「大山」を飲んで応援 その2 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ