« 月中天 純米大吟醸 原酒 | トップページ | 弥助(やすけ) 知っとるけ? »

2016年11月 1日 (火)

今日は「 寿司の日 」

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

11月1日は

寿司の日

知ってましたか?

それは何故かと尋ねたら・・・

ワンクリック お願いしま〜す。


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。

---  今日は「寿司の日」  -------------------

寿司の日の始まりは、

1961年(昭和36年)11月に全国寿司商環衛連の

第4回全国寿司商環衛連・熊本大会にさかのぼります。

毎年11月1日を、

みのりの秋・収穫の秋・米への感謝の日 として

「全国すしの日」にすることが決議されました。

これは、食欲の秋に伝統の寿司を浸透させ

老若男女をとわず、寿司を十二分に食べて頂き、

一年間の食への謝恩に報いるために制定した

とのことです。

ではなぜ、11月1日なのか?

歌舞伎の狂言の 『義経千本桜』に登場する、

寿司屋の「弥助」が寿司屋 の先祖とされているから。

登場人物の「弥助」、つまり平維盛は 

歴史上の 人物。

その、平維盛が寿司屋の弥助に改名した日が

11月 1日 だから、この日を(寿司の日)と

したとのこと。

ためになったね~ (^^♪

  --------------------------------------------

酒千庵水上推薦の数多の美酒の中で

特に蔵元が寿司が大好きで

「 寿司のために造った酒?! 」

といっても過言ではない

酒と言えば・・・・

Dscn3413

日高見 超辛口 純米酒

Dscn3414

日高見の平井社長は

「 スシ王子 」 と異名をとる伊達男!

地元石巻の豊富な海産物に合うお酒。

特に生魚の風味を邪魔せず食中で

マグロや生がきなどの乗り切った脂を

口中でさっと切るような、

食べ物の風味を邪魔しない、 

雑味のない透明感のある

「キレのいいお酒」が信条!

「魚で飲るなら日高見だっちゃ!」

を合言葉に

酒造りに挑んでおられます。

Dscn3418

冷よし!燗よし!!

ぜひ 今日は お寿司 で 日高見!!

これで 決まりさ!!!

皆様のご来店お待ちいたしておりま〜す!

----------------------------------------------

■ 日高見 超辛口 純米酒

                     [宮城県・平孝酒造]

Dscn3415


Hitakami

      1升瓶 ・・  2,700円 (税込)

     4合瓶 ・・  1,296円 (税込)

【成分値】

原料米: ひとめぼれ

精米: 60%

日本酒度: +11   酸度: 1.7

アルコール度: 15%

酵母: 宮城酵母

Dscn3412

【蔵元紹介】

創業 文久元年(1861年)

蔵は太平洋と北東北を縦断する北上川の

河口に開けた石巻は、江戸時代伊達藩と

南部藩の米の集積地として栄えた港町に

ある。

酒名の「日高見」は日本書記の中に

「土地沃壌えて広し」と記されているように

その昔太陽の恵みを受ける国「日高見国」と

称えられ、その中央を流れる川「日高見川」が

後に北上川と呼ばれる様になり

郷土と深い関り合いがある事に因んで命名した。

追求する酒造りは

「一麹、二もと、三造り」を基本として、

上品で格調高い香りを目標としている。

« 月中天 純米大吟醸 原酒 | トップページ | 弥助(やすけ) 知っとるけ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184246/64390070

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は「 寿司の日 」:

« 月中天 純米大吟醸 原酒 | トップページ | 弥助(やすけ) 知っとるけ? »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ