« まんさくの花  『雪室吟醸』 | トップページ | まんさくの花 巡米吟醸シリーズ »

2016年7月30日 (土)

りくう132号 です!

:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。・★.。☆

しぼりたての純米酒を 

そのまま 直詰め 瓶火入れ

フレッシュ感とみずみずしさ を 

ギュッと 瓶の中に閉じ込めました!

 夏に おいし~い!! 

おすすめの1本です!

ワンクリック お願いします!!


日本酒 ブログランキングへ

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。・★

Dscn3114

ムシムシ する 

日本の夏を 爽快に!

Dscn3111


やまとしずく  純米酒

陸羽132号 直詰 瓶火入れ


Dscn3115




入荷しました! 


<蔵元コメント>--------------------------

当地・秋田県大曲で

約100年前に育種開発され、

一世を風靡した『陸羽132号』(りくう132ごう)を

復活栽培し、醸造した純米酒です。 

しぼりたてを即瓶詰めし、

火入れは瓶火入れによる1回のみ。

素朴ながら

みずみずしい香味が広がる味わいに

仕上げました。

※発酵による多少の炭酸ガスを含む場合があります。

---------------------------------------------

Dscn3113

<陸羽132号について>-----------------------

日本で一番最初にできたお米の品種!

「交配」という方法を使って作られた

イネの品種の第1号がこの

「陸羽132号(りくう132ごう)」です。

大正2年に、

国立農事試験場陸羽支場

(こくりつのうじしけんじょうりくうしじょう)

今の東北農業研究センターで、

「陸羽20号」と「亀の尾4号」を交配してつくられました。

「亀の尾4号」は、寒さに強く、

品質が良くておいしい品種でしたが、

病気に弱いという欠点を持っていました。

この病気に弱いという欠点を良くしようと、

病気に強い「陸羽20号」を交配して、

「陸羽132号」がつくられました。

あの 宮沢賢治 が

「陸羽132号」を広めた!

とのうわさもあるんです!!

ホホホホホ

---------------------------------------------

Dscn3117


この 爽快感 堪えられません!

ぜひ ご賞味くださいませ!

皆様のご来店お待ちしております。

--------------------------------------------

■ やまとしずく

    純米酒 陸羽132号 

            直詰瓶火入れ

                   [秋田県・秋田清酒]

Dscn3112


   1升瓶 ・・ 2,916円 (税込)

   4合瓶 ・・ 1,458円 (税込)

【酒質データ】

原料米: 秋田県産 陸羽132号

精米歩合:  60%

日本酒度: ±0   酸度: 1.5  アミノ酸度: 0.9

7ルコール分: 16%

使用酵母: AK-1

【蔵元コメント】

Dscn3116


« まんさくの花  『雪室吟醸』 | トップページ | まんさくの花 巡米吟醸シリーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184246/63984887

この記事へのトラックバック一覧です: りくう132号 です!:

« まんさくの花  『雪室吟醸』 | トップページ | まんさくの花 巡米吟醸シリーズ »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ