« 芋焼酎 紫の赤兎馬 | トップページ | 梨園 »

2011年9月13日 (火)

鉄砲隊 秋あがり 純米吟醸 22BY 

「車坂」(くるまざか)でおなじみの

吉村秀雄商店の もう一つの 人気ブランド!!  

★ 鉄砲隊 (てっぽうたい) ★

Kuru_071

酒千庵 水上 初登場!!

それも! 秋あがり で デビューだ~~!!

Kuru_067

兵庫県産山田錦 を50%まで精米し

華やかな吟醸香を生成する1801酵母で仕込んだ

これはもう 「純米大吟醸」 ですよ!!

鉄砲隊というだけあって 

香味にボリュームがありますが

従来の「 こってりとした ひやおろし 」が

苦手な貴方にピッタリの逸品です!!

蔵ではすでに「 発売 即 完売 」の超人気酒!

確保した本数はわずかです!!!

ご来店は、お早めに!!

お待ちいたしておりま~す。

【 裏ラベルより 】

本州で最初の国産火縄銃を作ったのも鉄砲隊を

誕生させたのもここ和歌山・根来(ねごろ)である。

その根来で大正4年(1915年)創業当時に建築し

た土蔵、それが根来土壁蔵(ねごろつちかべぐら)。

その根来土壁蔵は温度や湿度に応じて壁が水

分を吸収したり、はき出したりすることにより

微生物に最適な環境が保たれるのです。

水は大台ケ原を源流とする紀ノ川の伏流水を

使い、米は播州産山田錦を100%使用してい

ます。

お酒の風味をいかす為に 瓶燗(びんかん)=一つ火 

による火入れの方法や、温度管理されて地下にあ

る大貯蔵庫にて瓶熟成=瓶囲い を行うなど、昔

ながらの徹底した手造りによる丁寧な酒造りに

取り組んでいます。香り高く弾けるような吟醸

香と力強い味わいは、まさに吟弾。

素晴らしい味わいです。

是非、ご賞味下さいませ。

Kuru_070

------------------------------------------

 ★ 根来土壁蔵 ★

■ 鉄砲隊 秋あがり 

   純米吟醸 22BY (一つ火)

               [和歌山県:吉村秀雄商店]

Kuru_069

    1升瓶 ・・ 3,150円(税込)

    4合瓶 ・・ 1,575円(税込)

【酒質データ】

原材料:兵庫県産山田錦  精米歩合:50%

日本酒度:±0  酸度:1.7  アミノ酸度:1.5

アルコール度数: 17~18度

酵母:1801酵母

Kuru_066

----------------------------------------------

◆鉄砲隊 コンセプト◆

< 料理を選ばず楽しめる >

日本の食生活の中で、

ワインや焼酎が食中酒として紹介されることが多くなりました。

酒蔵として、日本酒は文化だなんだと強がったところで

時代のニーズに合わないものは淘汰されます。

そのため、肉料理・油の多いもの・辛いもの・スパイスの

きいた料理など

今まで日本酒が苦手としていたものにも合わせていただけ、

料理を選ばずに楽しんでいただける日本酒を目指し

「鉄砲隊」は造られました。

当蔵の仕込み水“紀ノ川伏流水”の

豊かな味わいを活かした酒です。

< 濃厚な旨味、香味一体 >

鉄砲隊は全て原酒のラインアップです。

原酒はアルコール度数が高いことに意味があるのではなく、

その濃厚な旨味に価値があります。

一般に酸度とアミノ酸度が高いお酒は

雑な酒だと否定されがちですが、

鉄砲隊はそのバランスを高い位置で調和させることにより、

ボリューム感と懐の深さを持ちながら、

切れ味のある酒を目指しています。

この酸とアミノ酸が、料理と調和し旨味を高めてくれます。

とは言っても、酒の味が重くては食事が楽しめません。

そのため火入れを瓶燗生貯蔵にし、

香りを瓶の中に封じ込め香味一体となり、

杯が進む酒を完成させました。

Kuru_068

« 芋焼酎 紫の赤兎馬 | トップページ | 梨園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184246/52716327

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄砲隊 秋あがり 純米吟醸 22BY :

« 芋焼酎 紫の赤兎馬 | トップページ | 梨園 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ