« 【参加者大募集】 第39回吟醸酒を楽しむ会 | トップページ | 無風 純米吟醸 無濾過生原酒 »

2011年3月 4日 (金)

越乃景虎 超辛口 本醸造

★銘酒は どの雑誌にも 取り上げられるのだ!★

グルメ雑誌(全国誌) の3月号 の2誌!

徳間書店 発行の

食楽 3月号 

2011 日本酒番付 本醸造部門 で

見事 bell ランクイン crown !!

73ページで

「日常酒として一番の売れ筋」

「飲み飽きしないスッキリ感」

「新潟流“淡麗辛口”の王道」

と 大絶賛 され、

【番付酒「越乃景虎」杜氏が語る】

“変わりゆく造りと変わらない美味しさ”

(88ページ~89ページの特集記事)

と特集記事まで組まれた銘酒!!!

また、

日本酒特集号の

ダンチュウ3月号 (108ページ)の

【じっくり飲みたい、「日本酒」指南!】

で「こんな酒に毎日出会える酒好きは、

幸せ者である。」と讃えられた逸品が

この酒だ~!!

Kagetora_056

淡麗辛口好きが

一度呑んだら

虜になりますぞ~ 

ハハハハハ

------------------------------------

■ 越乃景虎 超辛口 本醸造 

             [新潟県・諸橋酒造]

Kagetora_053

Kagetora_054

     1升瓶 ・・ 2,120円

     4合瓶 ・・ 1,020円

【酒質データ】

原料米:新潟県産 五百万石

精米歩合:55%

日本酒度:+12  アルコール度数:15~16%

Kagetora_055

【食楽からのコメント抜粋】

●雑味の無い爽快な淡麗

●ドライで軽やかな含み香

自家製横井戸の水を仕込水に使用。

極端な超軟水のため、辛口ながら

辛さを感じさせない。

Kagetora_052

【ダンチュウからのコメント抜粋】

~吟醸蔵が手がける日常の美酒~

口に含めば清らかで、

すっと喉に落ちていく淡麗さ。

料理に常にやさしく寄り添い、

味を素直に引き立てる。

辛口ながらも

やわらかな米の旨みがあって、

毎日飲んでも飲み飽きしない。

「越乃景虎」はそういう酒だ。

“超辛口”の日本酒度は+12度

県内屈指の辛口酒だが、

不思議なことに口に含むと辛く感じず

やわらかな米の甘みがあるのに驚かされる。

それは、硬度0.47の超軟水を仕込み水に

使うから。

また、米を磨いて、じっくりと低温発酵させる

杜氏の技の賜物だ。

味わいは清楚で、清らかな淡麗辛口。

料理を邪魔せず、引き立てる。

そして冷酒はもちろん、燗でさらに奥の深さ

を見せるのもこの酒の大きな魅力。

燗をつけると切れ上がり、奥に隠れた

米の旨みや甘みが伸びやかに広がっていく。

これが、また料理と引き合い、

酒盃についつい手が伸びるのだ。

しかも“超辛口”は一升瓶で2,000円強と

値段も手頃。

普段のみには最適である。

« 【参加者大募集】 第39回吟醸酒を楽しむ会 | トップページ | 無風 純米吟醸 無濾過生原酒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184246/50986242

この記事へのトラックバック一覧です: 越乃景虎 超辛口 本醸造:

« 【参加者大募集】 第39回吟醸酒を楽しむ会 | トップページ | 無風 純米吟醸 無濾過生原酒 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ