« 雪中梅も飲める! 【イベント情報】 | トップページ | 【ひやおろし】和田来 出羽燦々純米大吟醸 »

2010年10月21日 (木)

杜氏の中の杜氏の酒が飲める幸せ・・・

芋焼酎ファンの皆様!!

このたび 

鹿児島酒造 

とのお取引がまとまりました!!

人間国宝級の杜氏が醸す

美味なる本格焼酎を

正規販売価格で 常連の皆様に 販売させていただきます!

鹿児島酒造といえば・・・

Kurose_2

ですよね。

-------------------------------------------------

時は明治、薩摩笠沙の「黒瀬」という集落から

焼酎造りの技を所得するため、琉球に渡った男たちがいました。

その黒瀬から技を得た男たちが、季節になると、

九州一円の酒造場に出かけ杜氏として腕を振るったと云われます。

彼らは「黒瀬杜氏」と呼ばれ、焼酎造りの一切をまかされてました。

機械化が進んだ現在、

杜氏たちの経験に頼る手作り焼酎は減りつつあります。

その本流の焼酎造りの技を、体で覚えている数少ない杜氏が、

この「黒瀬安光」杜氏なのです。

「黒瀬安光」杜氏は、他の蔵の杜氏が焼酎造りにいきづまったとき、

困った時には、快く相談を受けるなど、多くの杜氏から慕われ、

「杜氏の中の杜氏」と呼ばれています。

Kurose1

------------------

 黒瀬 安光 杜氏

-------------------

昭和12年2月27日、

鹿児島県川辺郡笠沙町黒瀬杜氏地区にて生まれる。

昭和27年より焼酎造りの第一歩を踏み出し、

福岡/長崎/大分/宮崎、そして鹿児島の

いろいろな原料で焼酎造りを学ぶ。

平成21年酒造年度で杜氏歴57年の経験を生かして、

さまざまな製品を開発し、今も新たな味を求め、挑み続けている。

« 雪中梅も飲める! 【イベント情報】 | トップページ | 【ひやおろし】和田来 出羽燦々純米大吟醸 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184246/49792113

この記事へのトラックバック一覧です: 杜氏の中の杜氏の酒が飲める幸せ・・・:

« 雪中梅も飲める! 【イベント情報】 | トップページ | 【ひやおろし】和田来 出羽燦々純米大吟醸 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ