« 日本酒関連新刊本 | トップページ | 上喜元「呑切り・夏の酒」シリーズ »

2010年7月 4日 (日)

【予告】 薩州 赤兎馬 (さっしゅう せきとば)

赤兎馬会 加盟店 限定流通酒

「 薩州 赤兎馬 」

(さっしゅう せきとば)

Hamada_001

もうすぐ!!

北陸・石川・金沢 初登場です!!

芋焼酎ファン!

三国志ファン!!

必飲の酒!!!

7月中頃 弊店店頭 デビューだ!!

(通信販売はいたしておりません。店頭販売のみです!)

-----------------------------------------

■ 芋焼酎 薩州 赤兎馬(せきとば)

                  [鹿児島県・濱田酒造]

Hamada

1升瓶・・・ 自店税込売価 3,150円

4合瓶・・・ 自店税込売価 1,660円

【蔵元コメント】

(造り)

厳選された良質のさつまいも(黄金千貫)を

手作業にて丁寧に選別し使用します。

また仕込みには、

白麹を使用しすっきりした味わいを作り出しています。

赤兎馬の故郷、いちき串木野市は

シラス土壌から湧き出す良質な地下水が豊富な土地柄。

うまい酒はうまい水が作ります。

(濾過・熟成)

蒸留した原酒を秘伝の特殊なろ過を行い

風味を残しながら雑味がない味わいを作りだします。

その原酒をじっくりと熟成貯蔵し、

心を込めて瓶詰めを行います。

(味わい)

グラスに注ぐとふわっと広がる甘い芋の香りと

柔らかな口当たり、

芋の甘みが口一杯に広がる余韻。

他の芋焼酎では味わえない赤兎馬ならではの味わいです。

★ ネーミング ★

赤兎馬(せきとば)は

『三国志』および『三国志演義』に登場する馬。

『三国志演義』によると赤兎馬は稀代の名馬で、

一日に千里を駆けることができた。

赤兎馬は最初の登場から死まで20年以上に渡り

現役で走り続けている。

「この名馬のように銘酒として育てていきたい」

という願いからこの薩摩生まれの焼酎を

弊社では「薩州赤兎馬」と名付けました。

« 日本酒関連新刊本 | トップページ | 上喜元「呑切り・夏の酒」シリーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【予告】 薩州 赤兎馬 (さっしゅう せきとば):

« 日本酒関連新刊本 | トップページ | 上喜元「呑切り・夏の酒」シリーズ »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ