« やったぞ宗玄! 日本酒番付 そうなめ!! | トップページ | 「 じゃばら 」の効能!【紀州のじゃばら梅酒】 »

2010年2月23日 (火)

【限定流通】 紀州じゃばら梅酒

石川県初登場!

幻の果実 【じゃばら】

Nakano008

を使った梅酒(コラボ梅酒)です!

限定流通のため、そんじょそこらの酒屋さんでは

絶対に手に入らない「こだわり梅酒」だ~!!

原料の「じゃばら」の収穫量が少ないため

この梅酒の生産量も少なく

年間を通じての販売は不可能な

まぼろし

まぼろし

まぼろし

だらけの梅酒です!!

甘酸っぱい柑橘好きのみなさん!!

    この香りと味わいに     

  絶対はまっちゃいますぞ~!!

早い者勝ち!急いで酒千庵水上にGO!!

********************************************

   新感覚!“南高梅”と

  幻の果実“じゃばら”が織り成す、

個性豊かで独特の風味がクセになる

   和歌山産コラボ梅酒。

*******************************************

■紀州のじゃばら梅酒 

        [和歌山県:中野BC]

Nakano007

  4合瓶 ・・ 1,575円

(1升瓶=3,150円 もお取り寄せできます。 ご相談ください。)

【酒質データ】

原材料:南高梅、砂糖、醸造アルコール、じゃばら

アルコール度数:10度

【美味しい飲み方】

●ロック(キンキンに冷やした梅酒にロックアイス)

●ソーダ割り(梅酒:ソーダ 6:4)

●ホット(梅酒:お湯 6:4)

Nakano_007

【蔵元コメント】

和歌山産の南高梅を使用した梅酒に、

和歌山産の幻の果実「じゃばら」の果汁を加えた

風味豊かな梅酒です。

甘味と酸味のバランスが良いじゃばらと

梅酒を合わせることで、

よりマイルドでさっぱりとした味わいに。

007

【じゃばら とは?】

じゃばらは、

和歌山県北山村から三重県熊野市にかけての原産で、

この地方に江戸時代から分布していた

ゆずと九年母、紀州みかんなどの自然雑種の香酸柑橘です。

ゆずよりも果汁が豊富で、種がなく風味に独特のものがあり、

地元では昔からお正月の料理に珍重されてきたものであり、

その名の由来も

“邪気を払う”

から付けられたといわれています。

じゃばらの大きさは130g位で、

球形ないし短球形をしており、

例年5月頃に開花して実をつけます。

11月下旬から12月上旬頃に収穫期をむかえるじゃばらは、

糖度と酸度のバランスのとれたまろやかな味が特徴で、

ゆず、すだち、かぼす等とも異なった

独特の香りや風味をもっています。

Nakano009

« やったぞ宗玄! 日本酒番付 そうなめ!! | トップページ | 「 じゃばら 」の効能!【紀州のじゃばら梅酒】 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184246/47642410

この記事へのトラックバック一覧です: 【限定流通】 紀州じゃばら梅酒:

« やったぞ宗玄! 日本酒番付 そうなめ!! | トップページ | 「 じゃばら 」の効能!【紀州のじゃばら梅酒】 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ