« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

石川 ひやおろし その3

2009年9月9日(水)県内一斉発売の

石川 ひやおろし

25蔵の自慢のひやおろしを

紹介するシリーズ!!

今日は⑥~⑩の5酒です。

お酒はいづれも 4合瓶のみ 発売です。

******************************************

⑥金谷酒造店: 高砂ひやおろし 本醸造

  日本酒度=+2  アルコール度数=17度 

  価格(税込)=1,260円

 【蔵元コメント】

 穏やかな香りと芳醇な味わいが特徴。

 秋の味覚に相性抜群です。

⑦小堀酒造店: 万歳楽 甚 純米生詰

  日本酒度=+6  アルコール度数=18度 

  価格(税込)=1,515円

 【蔵元コメント】

 白山麓の生産農家と一体となって栽培した「北陸12号」

 で造った。

 ふくよかな旨味とさらりとした喉越しを楽しめる酒。

⑧吉田酒造店: 純米大吟醸 ひやおろし 手取川

  日本酒度=+4  アルコール度数=16度 

  価格(税込)=1,800円

 【蔵元コメント】

 熟成による香味を十分に楽しんでいただくために、

 厳選した純米大吟醸を生詰めしました。

⑨加越:加賀ノ月 ひやおろし 本醸造

  日本酒度=+3  アルコール度数=19度 

  価格(税込)=1,050円

 【蔵元コメント】

 しっかり熟成され、まろやかで味わい豊かな飲み口。 

⑩鹿野酒造: 常きげん 純米生詰 

  日本酒度=+3  アルコール度数=16度 

  価格(税込)=1,470円

 【蔵元コメント】

 新酒を約半年間熟成させることで味にまろやかさ、

 丸みが出て、お酒の旨みが増します。

2009年7月30日 (木)

石川 ひやおろし その2 

2009年9月9日(水)県内一斉発売の

石川 ひやおろし

25蔵の自慢のひやおろしを

今日から5酒ずつご紹介いたします!

お酒はいづれも 4合瓶のみ 発売です。

******************************************

①久世酒造店: 長生舞ひやおろし 特別本醸造

  日本酒度=+4  アルコール度数=19度 

  価格(税込)=1,500円

 【蔵元コメント】

 米は自社米(長生舞)と五百万石を使い、当社独特の

 硬水仕込長期低温発酵で造った

 キレのよい、特別本醸造原酒です。

②武内酒造店: 銀の月 吟醸原酒

  日本酒度=+2  アルコール度数=20度 

  価格(税込)=1,600円

 【蔵元コメント】

 加賀友禅作家・石田巳代治デザイン。

 日本一の原材料を用いた秋の酒。

 (金の星と銀の月・・・詳しくはここをクリック

③中村酒造: 加賀太鼓太郎 特別本醸造

  日本酒度=+7  アルコール度数=17度 

  価格(税込)=1,315円

 【蔵元コメント】

 丸みと旨みを充分に感じるまで熟成させ

 最高の状態をのがさず瓶詰めしてあります。

④福光屋: 福正宗 純米ひやおろし 

  日本酒度=+3  アルコール度数=18度 

  価格(税込)=1,260円

 【蔵元コメント】

 まろやかに熟成した特別純米酒。

 力強い味わいとキレの良さが特徴です。

⑤やちや酒造: 加賀鶴 純米酒 「石川門」 ひやおろし 

  日本酒度=+5  アルコール度数=16度 

  価格(税込)=1,365円

 【蔵元コメント】

 酒米の旨みと酸味が調和した、キレのある辛口のお酒。

2009年7月29日 (水)

石川 ひやおろし その1 (秋の限定酒:9月9日県内一斉販売) 

今年で3回目となります!!

ポスター&パンフによれば・・・

Moromoro_052    

   

   

   

   

**********************

秋の限定酒

9月9日県内一斉発売

石川 ひやおろし

**********************

石川の地酒歳時記

秋の味覚と「ひやおろし」

冬の厳冬期に醸造した清酒を、貯蔵桶でひと夏越して調熟させ、秋口に

入ってほどよい熟成状態となったところで生詰して出荷するお酒を「ひやお

ろし」と呼びます。しぼりたての時には荒々しかった味が、丸みを帯びて飲み

頃の味わいになります。秋風がたち、海山里から豊かな食材がもたらされる

この季節、石川の「ひやおろし」を秋の味覚とともにお楽しみください。

**********************

今年は25蔵のお酒が予約販売されます。

そこで!!

明日から5日間に分けて

5蔵ずつ自慢の「ひやおろし」について

銘柄・酒質・データ・特徴・小売価格を

ご紹介してまいりま~す。

お楽しみに!!

この25酒については

石川県内の酒屋でしたら

どこでも予約可能です。

9月9日発売分の予約締め切りは

8月20日(木)です。

最寄の酒屋さんで

(できれば酒千庵水上で・・ホホホホホ)

ご予約くださいませ!

ではまた明日!!

2009年7月28日 (火)

律儀な蔵元・・・東一(五町田酒造)・・・

やっと少し落ち着きましたので

本日より再びブログ再開です。

皆様には大変ご迷惑をおかけし

申し訳ありませんでした。

*********************************

昨日、

東一(あずまいち)でお馴染みの

五町田酒造(ごちょうだしゅぞう)から

 暑中見舞い 

のお葉書を頂戴いたしました。

「本当に律儀な蔵元だな・・・」

と家族みんなで感心。

この律儀さ・・・見習はなければ 

そこで!

ハガキの中身を皆様にご紹介!

 悪天候に負けず!

がんばれ「山田錦」!!

今年の新酒も楽しみです!!

***********************************

暑中お見舞い申し上げます

 平素は、格別のご愛顧を賜り

 厚く御礼申し上げます。

 今年も蔵人と元蔵人栽培の

 「山田錦」は蔵の周囲で

 順調にすくすくと育っております。

 暑さ厳しき折、皆々様の

 ご健勝をお祈りいたします。

           平成二十一年 盛夏

**********************************

Moromoro_016

2009年7月25日 (土)

高天神だより 7月20日号

開運:土井社長から直筆の「高天神たより」が郵送されてきました。

(開運のHPでも閲覧できます。上記の高天神たよりをクリックしてみてください。)

波瀬さんの逝去についての悲しいご報告です。

医術に詳しい方に読んでいただけたら

「どうしてこうなってしまったのか」

理由が分かるかもしれません。

残念ながら私にはよくわかりません。

ただただ社長の書かれた

「何故か」の疑問が気にかかります。

残念です。

合掌

2009年7月19日 (日)

波瀬杜氏の偉大さ

波瀬杜氏の訃報に

このブログや私のメール、

電話や弊店にまでわざわざご来店され

たくさんの波瀬ファンから

哀悼のメッセージをいただきました。

(中には悲しみの涙にむせぶかたもおられました。)

波瀬杜氏の人気がいかに凄かったか!!

本当に残念です。

メッセージをくださった皆様。

本当にありがとうございました。

合掌

Kaiun_012

  

  

  

酒千庵水上会でお客様にご挨拶中の波瀬杜氏  

Kaiun_010

2009年7月18日 (土)

訃報 ~ 波瀬正吉杜氏 ありがとう ~

悲しいお知らせです。

能登杜氏の名人

波瀬 正吉 杜氏

(はせしょうきち=本名:はせまさきち)

が7月16日、他界されました。

2泊3日の土井酒造体験実習で

直接、波瀬杜氏にご指導いただいたご縁から

弊店を何かと気にかけていただきました。

無名の酒屋にもかかわらず

酒千庵水上会にも快くご協力をいただきました。

3年連続で~波瀬杜氏を囲んで開運を楽しむ会~を

開催できたことは大きな喜びであり、感謝の極です。

波瀬杜氏、本当にありがとうございました。

先日の第17回酒千庵水上会でも

銘酒「 大吟醸 無濾過生 波瀬正吉 」

4号タンク吊り下げ斗瓶取り

6号タンク吊り下げ斗瓶取り

の絶品の美味さに参加されたお客様大絶賛されておりました。

お通夜の会場で土井社長が私に漏らされた

「日本国にとって大きな損失である。」との一言。

本当に悔やまれます。残念でなりません。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

Kaiun_001

2009年7月17日 (金)

雪中梅 (せっちゅうばい) の純米酒

新潟県の銘醸蔵

丸山酒造場(まるやましゅぞうじょう)は

酒千庵水上の人気酒!!

おなじみ「雪中梅(せっちゅうばい)」の蔵元です。

【写真は、弊店で常時販売中の

 新潟ラベルと本醸造です!

 1升瓶も4合瓶もございます!】

Sextutyuubai_005   

  

  

この丸山酒造場で

唯一の「純米酒」

年に「一度だけ」(4合瓶のみ)

発売されます!!

(それも七夕に瓶詰めなんて粋じゃないですか!ホホホホホ)

その貴重な

Sextutyuubai_001   

  

  

【 雪中梅 純米酒 】

(せっちゅうばいじゅんまいしゅ)

が入荷してまいりました。

たくさんのご予約ありがとうございました。

わずかではありますが店頭でも販売させていただきます。

酒千庵水上販売価格は

4合瓶 3,080円也

(箱は別売りです。)

欲しい方はお急ぎくださいませ。

<丸山酒造場の丸山社長のコメント>

当蔵の「純米酒」は、吟醸酒に準じた造りをしておりますが

華やかな香りを目的としてはおりません。

夏季限定販売のために、そのまま冷やしてお飲みになることが

多いと思いますが、

小さなグラスでのオンザロックもよろしいですし、

40℃くらいのぬる燗でも

是非お試しいただきたいお酒です。

よろしくお願い申し上げます。

Sextutyuubai_002

2009年7月15日 (水)

みなみさんのブログに・・・

酒千庵水上を

詳細にご紹介していただきました。

深く感謝いたします。

金沢近郊の地酒専門店をクローズアップして

順次取り上げ、紹介していく

ブログは今まで見たことがありません。

北陸・石川・金沢の

日本酒ファン&焼酎ファン待望の

画期的な企画ではないでしょうか!

ぜひ、みなみさんのブログにアクセス!

みんなで広げよう!日本酒&焼酎の輪!

金沢は今日がお盆です。

母方のご先祖様は、金沢にお墓があり

今日、営業前にお墓参りに行って来ます!!

父方や嫁さんのご先祖様は富山県なので

8月に墓参りに行かなくちゃ・・・・・

日本て面白いですね。

2009年7月13日 (月)

キリンとサントリーが統合・・・

「大きい~ことはいいことだ♪」

(山本直純さん作曲だったかな・・・?)

と昔のチョコレートのCMソングを

思わず口ずさんでしまう

驚愕のニュース 

です。

凄いですね!!

世界一ですって!!

********************************

国内食品最大手のキリンホールディングスと

同2位のサントリーホールディングスが

経営統合に向け交渉に入ったことが13日、分かった。

統合が実現すれば、ビールと清涼飲料で

それぞれ国内トップとなるほか、

平成20年3月期の両社単純合算の連結売上高は

3兆8200億円と、

世界でも最大級

酒類・飲料メーカーが誕生する。

食品業界の勢力図が塗り変わるのは確実で、

国際的な業界再編が加速する可能性も出てきた。

(産経新聞より)

山鶴正宗(やまつるまさむね)・・・

更新がままならず

申し訳ありません!

それでも毎日

たくさんの方にご覧いただき

深く感謝いたします!!

山鶴正宗(やまつるまさむね)

新入荷のお酒か??

いいえ

これは、1999年に調べた

お酒に使われている漢字

ベスト4なんですって。

調べた方に感謝!!

1位:山

2位:鶴

3位:正

4位:宗

ちなみに 5位は【 菊 】だそうです。

2009年7月11日 (土)

上喜元米ラベル~山田錦のニューフェース~

上喜元(じょうきげん)でお馴染みの

酒田酒造の北陸支社(?)の酒千庵水上です。

その酒千庵水上に初登場=新人をご紹介いたします。

Jyoukigenn_018     

    

       

◆===============================◆
 上喜元 山田錦 純米酒 <米ラベル>    
◆===============================◆

質なびのになるお酒をお客様にお届けしたい

という思いを込めた 上喜元の、【純米酒版 米ラベル】です!

■商品の特徴

 日本最高峰の圃場地、

「兵庫県特A地区産の山田錦」を使用し、

呑み飽きしないように香りを極力抑える為の酵母選び、

綺麗な酸を際立たせる為の麹造りを重点に置き、

晩酌に最適の純米酒に仕上げました。

 味わいは、穏やかで主張しすぎない酒質です。

飲み進めていくにつれ味わい深く感じます。

冷やでは若々しいシャープ感をお楽しみいただけ、

お燗にすると甘味と辛味が出て丸くなります。

立ち香りは、ふくよかな穀物系 で

含み香は、ほのかに南国系フルーツの香りが感じられます。

  相性のよい料理の風味は、味噌風味

特に合う味付けは、和風だし。

例えば、おすすめの一品として

和風に味付けした鶏肉料理や豆腐料理などいかがでしょうか。

このお酒と合う意外な一品としては、クリームコロッケもお勧めです。

--------------------------------------------------

■ 上喜元 山田錦 純米酒 <米ラベル>  [山形県・酒田酒造]

      4合瓶・・自店税込売価 1,180円 (税込み)

【 酒 質 】

使用米:兵庫県産 山田錦

精米歩合:70% 

アルコール度数15~16%

日本酒度:+4  酸度:1.6  アミノ酸度:1.2  酵母:自社酵母

【 蔵元コメント  】

優しく、呑み飽きのこないタイプに仕上げました。

冷酒・お燗酒・新酒・秋上がり、季節によって移ろう

日本酒の醍醐味を、旬の味覚と是非ともご賞味ください!!

----------------------------------------------------

Jyoukigenn_016

2009年7月 9日 (木)

初孫 発泡性純米酒 “X” (えっくす)           ~その4~

常連の

みなみさんがブログ

美味しそうにコメントしてくださいました。

写真本当に綺麗ですね!

飲んだ感想も参考になります!

感謝!感激!雨あられ!!

初孫のG部長にも報告しなくっちゃ!!

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

2009年7月 8日 (水)

とらぬたぬきの皮算用・・・

この前の日曜日、石原裕次郎様の

23回忌法要が東京で営まれ

12万人が国立競技場に集まり

首都東京はプチ混乱だったらしいです。

(私の母も「ひばりと裕次郎」の大ファンでして・・・)

昔のスーパースターの人気は凄いですね!

ところでこのご法事=祭典で

国立競技場に7月5日、参列されたファンの中から

抽選で限定5万人に記念品をプレゼント!との企画があり、

(ということは無料で配布です。)

事前抽選の応募に75万通(倍率15倍)のハガキが届いたそうです。

その重さ、2.5トンですって!! 

応募のはがき代だけで 50円×75万通=3750万円 の経済効果!

その記念品の中のひとつに

「二十三回忌 限定芋焼酎『一刻者』」

というのがありました。

720mlなんですかね?

この不景気に 5万本 ですって!!

経済効果凄いですね!!

タカラさんウハウハですね!

やはり、タカラ=松竹梅=石原軍団の

太いパイプのなせる業なんでしょうかね。

しかし・・・

一刻者(いっこもん)って凄い量造れるんですね!!

興味津々

2009年7月 7日 (火)

初孫 発泡性純米酒 “X” (えっくす) 

山形新聞に掲載された記事です。

発泡の秘密が!!

ご参考まで・・・・

統一ブランド「スパークリング・ワイ」 

県産発泡性日本酒発売へ

<2009年06月16日>

 県工業技術センターが開発し、県酒造組合に加盟する

9蔵元が商品化を進めてきた発泡性日本酒が

統一ブランド「スパークリング・ワイ」として発売されることになり、

16日、山形市の山形グランドホテルで発表会が開かれた。

各蔵元の持ち味を生かした清酒をベースに発泡性に仕上げた商品は

それぞれが違った味わいを醸し出し、

苦戦する日本酒市場で新たな動きとして注目を集めそうだ。

 開発した発泡性日本酒の特徴は、透明度とコクのある味わい。

一般的な発泡清酒は瓶詰めした後に、

酵母で2次発酵させることから濁った色になる。

これを耐圧タンクの中で2次発酵させて、

ろ過することで透明に仕上げた。

さらに、人工的に二酸化炭素を注入し、

泡立ちや口当たりはシャンパンに近い。

また、苦味成分のチロソールの働きを高める

独自の酵母を使うことで、口飽きの原因ともなる甘さを抑え、

コクのある味わいに仕上げた。

原料は、淡麗な切れの良さが特徴の県産酒造好適米「出羽の里」

を使用している。

スパークリング・ワイは統一ロゴのラベルとして商品に張り、

  Hatumago_012

  

  

  

  

  

銘柄は各蔵元によって異なる。

 市場での位置付けは1杯目から飲める酒類として、

ビールもライバルとなる。価格的にはスパークリングワインと同程度。

蔵元の関係者は

「日本酒に距離を置く女性、日本酒好きの両方から高評価を得ている」とし、

合わせる料理も和洋中を問わないと説明する。

アルコール度数が高く、氷を入れて楽しめる商品もある。

需要が増える今夏とクリスマス期に市場調査を行い、

順次出荷量を増やしながら、海外展開も視野に入れている。

 一方、山形グランドホテルではこの日、

発泡性日本酒の開発にも参加した山形県酒類卸(寒河江市)による

酒フェスタも開催され、スパークリング・ワイも紹介された。

 今回発売になった発泡性日本酒の銘柄と製造元は次の通り。

★「スパークリング純米酒 bitts!」=和田酒造

★「上喜元 涼夏」=酒田酒造

★「初孫 X(えっくす)」=東北銘醸

★「出泡羽酒(しゅっぽうしゅ)」=渡会本店

★「おしゅん」=亀の井酒造

★「Sparkling sake BENTEN」=後藤酒造店

★「米鶴 純米スパークリング」=米鶴酒造

★「羽陽一献 Sparkling純米」=中沖酒造店

★「スパークリング純米酒 出羽桜(仮称)」=出羽桜酒造

2009年7月 6日 (月)

おわび

お中元のシーズンとなりました。

しばらくはブログも途切れ途切れになるかもしれません。

愛読者の皆様、許してくださいね!

2009年7月 5日 (日)

雄山錦(おやまにしき)の美味い酒              ■ 醴泉 純米吟醸 雄山錦

雄山錦は富山県で開発された酒造好適米です!

大粒で心白が大きく、心白発現率がほぼ100%という

酒造りに最適なお米です。

しかし逆に言えば、「割れやすい」という欠点も有しており

「丁寧な原料処理」が大切な難しいお米でもあります。

その!富山生まれの酒造好適米で醸した

【 上品 】 かつ 【 透明感のある旨み 】 を

十二分に堪能できる驚きの逸品が再入荷です。

*********************************

     百戦錬磨の酒通の

ストライクゾーンに「バシッ」と決めてくる

      直球ど真ん中!!

ストレートな美酒=「醴泉」(れいせん)

*********************************

石川県・富山県で特約店は

酒千庵水上だけです!!

その【醴泉(れいせん)】自慢の

雄山錦55%精米の純吟!!

このコストパフォーマンスの高さは

びっくりです!!

どうしても食欲が落ちる夏!

この酒なら、スルスル飲めますよ!

ホホホホホ

 く~~っ!!   うまい!! 

酒飲みには、たまりませんな~!!

富山県・石川県の酒通なら

一度は飲んどかないと!!

なんてったって 【南砺産の雄山錦】 で

醸してるんですから!!!

Reisenn_007

  

  

  

■ 醴泉 純米吟醸 雄山錦(おやまにしき) [岐阜県・玉泉堂酒造]  
                        
1升瓶  ・・自店税込売価 2,690円 (税込み)

4合瓶  ・・自店税込売価 1,350円 (税込み)
      
【酒質データ】

原料米:富山県南砺産 雄山錦  精米歩合:55%

アルコール:15~16% 日本酒度:+2

酸度:1.6 アミノ酸度:1.4 酵母:熊本9号酵母

【蔵元コメント】

ブランド米=「なんと農協」の雄山錦を55%に丹念に

自家精米し、

原料処理も 【限定吸水】

蒸しは 【抜け掛け】

味が調うまで低温冷蔵庫でじっくり【瓶貯蔵】

いたしました。

雄山錦ならではの味わいの幅と深みを

ご堪能くださいませ。

雄山錦は、「割れやすい」という欠点を有しています。

その欠点を克服するためには「丁寧な原料処理」が大切。

玉泉堂酒造の<こだわりの酒造り>だからこそ

十二分に引き出せた「雄山錦の魅力」をお楽しみください!!

2009年7月 4日 (土)

初孫 発泡性純米酒 “X”(えっくす)       入荷しちゃいました!

山形県のごく一部のお店だけで

7月3日(金)から試験販売される

謎の日本酒 【 X 】 (えっくす)

Hatumago_013    

   

   

   

   

初孫 との太いパイプ(?)のおかげで、

特別に、石川県の酒千庵水上でも

販売許可をいただきました。

山形県外では、本当は味わうことができない

超レアな逸品が、昨日=7月3日(金) 入荷しました!

入荷本数ごくわずか!!

早い者勝ち!!ご来店お待ちいたしておりま~す!!

Hatumago_014   

   

   

Hatumago_012    

   

   

   

****************************************************

■ 初孫 発泡性純米酒 “X”(えっくす) [山形県・東北銘醸]

330ml瓶 ・・・ 自店税込売価 630円 
   
【成分値】
原料米:山形県が誇る酒造好適米「出羽の里」

精米歩合:60%  日本酒度:-17 酸度:1.4 

アルコール分:10度  酵母:新開発酵母「TY4」

【蔵元コメント】 

この度、山形県オリジナル酒米「出羽の里」で

仕込んだ発泡性純米酒を発売することに致しました。

きめ細やかな泡がかもし出す爽快な飲み口と

バランスの良い旨さが特長です。

Hatumago_011    

   

   

   

****************************************************

(初孫HPより)

★発泡性純米酒 “X”(えっくす)テスト販売開始 ★

山形県工業技術センターと山形県酒造組合(試験醸造蔵元8社)が

中心となって開発したスパークリング純米酒をテスト販売します。

原料米は山形オリジナルの「出羽の里」100%使用。

隠し苦み成分のチロソールを出す新開発酵母「TY4」を用い、

アルコール10%ながら、発泡の爽やかな刺激とコクのある旨さが

楽しめる味わいに仕上がりました。

“X”(えっくす)の意味は二つあります。

ひとつはExcellent=すぐれた味わいという意味と、

もうひとつは、X=未知数→可能性を秘めた味わい

という意味です。7月3日から試験販売致します。
----------------------------------------------------
今回は数量がきわめて少ないため、山形県内の一部モニター店にて
販売させていただきます。
----------------------------------------------------

2009年7月 3日 (金)

上喜元の赤ラベル!

上喜元の赤ラベル!!

純米吟醸 中取り 雄町

久しぶりの入荷!

生もと造りの旨みがたっぷりと生きている、

飲み応え十分の純米大吟醸のような純吟です。

これを飲んだら貴方の日本酒の常識が変わるかも!!

上喜元の実力を十二分に堪能できる逸品!

4合瓶で 2,100円也

非常にコストパフォーマンスの高い銘酒です。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

Jyoukigen_007_2  

  

  

  

■商品の特徴

◇造り◇

 岡山県産の雄町を、生もと造りで仕上げました。

 しかも、絞られるお酒の中の中取りのみを瓶詰めした

 綺麗で味わいのある生もと純米吟醸酒です。

◇味わい◇

 生もと造りにより造り出される、

 蔵の綺麗な酸が特徴で、雄町独特の味の柔らかさと、

 蔵の酸が非常に相性良く、

 ふくらみのある純米吟醸酒に仕上がっています。

◇香り◇

 洋ナシ(落ち着いた、爽やかな吟醸香)

◇ラベル・商品名由来◇

 質なびのになるお酒をお客様にお届けしたい

 という思いを込めた上喜元の、

 赤磐雄町を100%使用した、生もと純米吟醸です。

 真紅の背景から、『赤ラベル』と呼ばれてます。

◇蔵元からのメッセージ◇

 生もと造りによって産み出された、

 深みのある味わいと芯のある酸味は、

 料理の味を引き立たせ、冷良し、燗良しの

 万能の純米吟醸酒です。

Jyoukigenn_009

2009年7月 2日 (木)

飲んでみてーな・・ “X”(えっくす) 知っとるけ??

山形県が満を持して発売する

?? 謎の酒  ??

“X”(えっくす) 

Hatumago011   

  

  

  

試験販売は7月3日(金)から

山形県のごく一部の店舗だけですって!

発売は!!

(実は、酒千庵水上は山形県酒田市の

 出島<昔長崎にありましたね> だったりしてね・・・??)

初孫でお馴染みの東北銘醸から

情報ゲット!!

楽しみやわ~!!!

*****************************************

発泡性純米酒 “X”(えっくす)テスト販売開始

 山形県工業技術センターと

山形県酒造組合(試験醸造蔵元8社)が中心となって

開発したスパークリング純米酒をテスト販売します。

原料米は山形オリジナルの「出羽の里」100%使用。

隠し苦み成分のチロソールを出す新開発酵母「TY4」を用い、

アルコール10%ながら、

発泡の爽やかな刺激とコクのある旨さが楽しめる味わいに

仕上がりました。

“X”(えっくす)の意味は二つあります。

ひとつはExcellent=すぐれた味わいという意味と、

もうひとつは、X=未知数→可能性を秘めた味わい

という意味です。

今回は数量がきわめて少ないため、

山形県内の一部モニター店にて

販売させていただきます。

発泡性純米酒“X”:330ml 

小売価格は税込み630円です。

7月3日から試験販売致します。

2009年7月 1日 (水)

晴耕雨読でお馴染みの佐多宗二商店!来店される!

Satasouji_004   

  

  

晴耕雨読(せいこううどく)

Satasouji_005   

  

  

角玉(かくたま)

Satasouji_010   

  

  

刀(かたな)

Satasouji_008   

  

  

角玉梅酒(かくたまうめしゅ)

でお馴染みの佐多宗二商店(さたそうじしょうてん):鹿児島県。

矢部部長と有馬さんが

石川県&富山県で唯一の特約店である

酒千庵水上を叱咤激励するために、

昨日わざわざご来店。

遠路はるばる、本当にありがとうございました!

情報交換、アドバイスなど内容が非常に濃く

あっという間の1時間でした。

矢部さんのお話しを伺うと

何だかやる気が出てきます。

不思議なパワフルオーラを

発しておられる方です。

非常に勉強になり、パワーをいただきました。

話も弾み、

「ぜひ金沢で『酒千庵水上会~晴耕雨読を堪能する会~』を

開催したい」ということとなり、

佐多宗二商店の協力をいただけることとなりました。

酒屋さん主催の「本格焼酎を楽しむ会」は、

もしかすると金沢でははじめてのことかもしれませんね!

ファンの皆様!お楽しみに!!

今後とも晴耕雨読&酒千庵水上を何卒よろしくお願いいたします。

【写真は左の矢部さんと右の有馬さんに挟まれた晴耕雨読の仲間たちです。】

Satasouji_001

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ