« 突然ですが・・・ | トップページ | 酒千庵水上のニッポン居酒屋紀行 »

2009年5月20日 (水)

吉田蔵 VS 手取川 ~活性清酒対決~ その2

 予告 

今!一番石川県で元気な蔵  

吉田酒造店(吉田蔵&手取川を醸造しています!)の

「スパークリング清酒」=限定酒 その2 です。

この夏    話題になること間違いなし!!

吉田社長の自信作!

6月4日(木)酒千庵水上入荷です。

お楽しみに!!

****************************************

★限定★ 全国でたった800本限り!

 吟醸生酒あらばしりおりがらみ 手取川       
                        
500ML瓶のみ  ・・自店税込売価 1,300円 

【酒質データ】

原料米:山田錦(兵庫県三木市平井地区契約栽培米)

精米歩合:45% 

日本酒度:+4 酸度:1.2 アミノ酸度:1.0

アルコール分:16.5% 

使用酵母:自社培養 金沢系

【蔵元コメント】

温暖化で日本の夏は、益々、高温多湿で

暮らしにくくなっています。

そんな時、爽快で、ほどよい香りの冷酒を

ぐいっと飲み干したいと思います。

そういった思いを込めて今回、<あらばしりおりがらみ>

を微発泡性で新発売いたします。

山田錦を45%まで磨いた大吟醸のしぼりたて「あらばしり」に

若干、オリを絡ませたものを瓶詰めし、

低温で数ヶ月貯蔵熟成させます。

その間、瓶内での「2次発酵」により生じた炭酸ガスが

液中に溶け込み、

きめ細かい泡立ちの微発泡清酒に仕上がりました。

冷やしたグラスに、キリッと冷やした「あらばしりおりがらみ」

をグイッと飲み干してみてください。

きっと夏が好きになりますよ!

限定 800本 です。

Tedorigawa009

« 突然ですが・・・ | トップページ | 酒千庵水上のニッポン居酒屋紀行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉田蔵 VS 手取川 ~活性清酒対決~ その2:

« 突然ですが・・・ | トップページ | 酒千庵水上のニッポン居酒屋紀行 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ