« 完熟フルーツを超えた(?)子宝(こだから)の美味さ!       その4 | トップページ | ★クイズ★                      なんて書いてあるんでしょうか? »

2009年5月 9日 (土)

”楯野川清流”のライバル酒は              ”十○代 本○”??

吟醸王国 山形県 の ホープ!!
楯の川酒造(たてのかわしゅぞう)の

新酒(火入れ酒)です!!
安くて旨い!!
フレッシュで飲み飽きしない食中酒です。

蔵元曰く
「開栓直後より数日後の最後の一杯の方が美味しい!!」
と語る、ちょっと固めの味わいです。
1升瓶を買って変化を楽しむのも一興かと・・・・

まあ飲んでみてください!!

--------------------------------------

ライバル酒は”十○代 本丸”か??
蔵元の自信作!!新酒の評価はいかに??

<○には漢数字がはいります。ホホホホホ>

--------------------------------------

20BY(新酒:火入れ酒)          

■ 楯野川 清流 (吟醸仕込み)
1升瓶・・自店税込売価 2,150円 (税込み)
4合瓶・・自店税込売価 1,200円 (税込み)
-----------------------------------------

【蔵元コメント】
華やかな吟醸の香り。
サラリとした軽快な飲み口の後に、
繊細で柔らかな膨らみが
感じられる。
楯野川の造りの良さが一番表現された定番商品。

------------------------------------------

●●  楯の川酒造  ●●<山形県酒田市>

“日本酒の本物をめざす”を目標としているこの蔵は
特定名称酒に力を注ぎ600石ほど(1.8L換算6万本)
の醸造を行ってます。
まだまだ小さい蔵ですが、
特に蔵の特徴や個性が現れる地元の原料米を使用した
高級酒の純米酒と純米吟醸に力を入れてます。

こだわりの原料米は100%酒造好適米で、
地元山形県の酒造好適米“出羽燦々”と“美山錦”
並びに近年山形で開発された“出羽の里”を主力に
使用してます。
2006年からは地元庄内町の専業農家に依頼し
出羽燦々と美山錦は全量契約栽培です。
(製造量の8割から9割が地元山形県庄内町の原料米を使用。)

製造方法のこだわりは
①最新式の精米機にて全量自家精米
②お米はすべて限定給水
③酒作りの肝となる麹作りは、大吟醸を造る麹と同じ麹蓋製麹
④仕込みはもろみ温度管理がしやすい750kg仕込みが中心
⑤火入れの方法では最も手間がかかるが最良の方法と言える瓶火入れ
⑥全て瓶貯蔵にて氷温管理
など酒の品質向上のために手間隙かけて醸造・管理を実践しています。
Moromoro_022

« 完熟フルーツを超えた(?)子宝(こだから)の美味さ!       その4 | トップページ | ★クイズ★                      なんて書いてあるんでしょうか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184246/44917708

この記事へのトラックバック一覧です: ”楯野川清流”のライバル酒は              ”十○代 本○”??:

« 完熟フルーツを超えた(?)子宝(こだから)の美味さ!       その4 | トップページ | ★クイズ★                      なんて書いてあるんでしょうか? »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ